テーマ:科学

可視化シンポに参加

 可視化シンポ(7/13(土))に参加した。  元々、可視化に関しては興味があった。  放射線という目に見えないものを可視化した霧箱があった。  また会社員時代に流体を研究していたことがあり、その時にアルミホイルを細かくちぎったものを流体の中において、流体の動きを可視化する、等のことも知っていた。  最近では少し毛色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境工学講演会に参加

 環境工学講演会(2019/5/21)に参加した。  この講演会は今年の早くから、日本学術会議のHPに開催案内が出ていた。  この講演会は前回も参加していたが、面白いテーマを選んで講演してくれるので注目して見ている。  でも私が申込したのは4月18日(木)であった。  しかもPeatixという怪しげなアプリから申し込んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文講演会に参加

 天文講演会(2/10)に参加した。  1月24日(木)のノートにこの講演会のメモがあったので、おそらくこの日に申込したと思う。  なぜこの講演会を知ったかというと、街角の掲示板にこの講演会のポスターが貼ってあった。  2/10は日曜なので、放射線治療はない。  放射線治療短信については講演会のプログラムの末尾に記載する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAXA説明会に参加

 JAXA説明会(2019/1/16)に参加した。  昨年12月10日にJAXA(宇宙航空研究開発機構)よりメールが来た。  今JAXAにも登録しているので、定期的にメールが来る。  この中で、宇宙医学・健康管理に関する意見募集(2018/12/10-2019/2/28)があるという。  宇宙という点では、宇宙飛行士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット講座「スポーツと栄養」を受講

 インターネット講座「スポーツと栄養」を受講した。  昨年の11月27日にこの講座の開講スケジュールがメールで来た。  講座スケジュールと講座の各週テーマ概要を末尾に添付する。  だからその前に申込をしていたことになる。  この講座は義父宅にいる時の12月4日から始まった。    この講座の正式名称は「勝利の方程式 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可視化シンポに参加

 可視化シンポ(12/15(土)PM)に参加した。  12月は前立腺がんで治療の予定だったので、予定は何も入れないつもりであった。  しかし、12月11日の国立がんセンターでの再面接でセカンドオピニオンの結果として、ホルモン療法&放射線治療という、R病院とはまた違った療法を提案された。  考える時間を欲しいということで、回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本庶佑氏がノーベル賞受賞

 京都大学の本庶佑氏にノーベル医学生理学賞が贈られることになった。  本庶さん、おめでとうございます。  受賞の理由として、免疫を抑制する働きを持つ分子「PD-1」を発見したことによる。  米テキサス大のアリソン教授は「PD-1」と似た働きを持つ「CTLA-4」の役割解明ということで、賞金の約1億1,500万円を等分する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん死ゼロシンポジウムに参加

 がん死ゼロシンポジウムに参加した。  がん死ゼロ健康長寿社会のシンポジウム(6/9開催)の案内が6月5日に来ていたのを、仙台の義父宅から東京の自宅のメールをチェックしていて知った。    こんな近い日に開催案内メールって何?と思ったが、参加申込が少なかったので、慌てて原子力学会宛に依頼したのかな、と思う。  私はどうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境工学シンポに参加

 環境工学シンポ(5/22(火))に参加した。  環境工学シンポの案内は学術会議HP上でかなり前から表示があった。  というより、昨年日本学術会議の会長が代わってから、シンポジウムの案内が少なくて、環境工学シンポの案内が非常に目立っていた。  私は4月12日に参加申し込みメールを送っている。  でも受理通知は4月28日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ科学シンポに参加

 スポーツ科学シンポ(5/16)に参加した。  知り合いの人から、こういうシンポがある、ということを聞いて申し込みをし、参加した。  スポーツ科学ということでは、インターネット講座gaccoの中で、今年の2月に「運動と健康の理論・実践」の講座を受講したのだが、運動しないと身体が衰えて病気になる、という医学の側面の話だったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学技術コミュニケーションって何?

 科学技術コミュニケーションのレポートを提出した。  北海道大学の教育機関(CoSTEP)でのインターネット講座「科学技術コミュニケーション」(以下STCと略)を受講した。  なぜSTCか、というと、福島原発事故で科学者のコミュニケーション能力の低さから、福島県の風評被害等がなかなか解決しない。  コミュニケーション能力を磨い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで学生時代に戻ったような(その2)

 「まるで学生時代に戻ったような(その1)」(2018/2/4)というタイトルでブログを書いた。  URLを挙げておくと以下の通りである。   http://hitotsunoishi.at.webry.info/201802/article_1.html  今回はその続編である。  以下に追記したところは(追記)と書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで学生時代に戻ったような

 まるで学生時代に戻ったような感覚を今持っている。  何があったかというと、今年の目標のところの(8)の読書の項目②ネット講座で登録したものを7個挙げたのだが、このうち今6個を今同時並行で受講している状況なのである。  もう一度受講登録したものを挙げておく。(括弧内は開始日時)  (a)総務省ICTスキル (1/16)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAXAシンポ等に参加

 JAXAのシンポジウム等に参加した。  先週のインフルエンザ罹患の反動であろうか、いろんなシンポ等に参加した。  それは以下の5つである。   (A)ユニバーサルデザイン・ワークショップ(UD・WS)の資料の編集会議(1/23(火))   (B)JAXAの宇宙ステーション利用・シンポジウム(1/24(水))   (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネット講座の受講いろいろ

 インターネットの大学講座(gacco)をいろいろ受講している。  一番最初にこのブログで報告しているのが、2015年11月受講の「イノベーション入門」である。   http://hitotsunoishi.at.webry.info/201501/article_3.html  この時、gaccoについての解説もしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIって何だ

 AIとは何か、がまだ私はよくわかっていない。  一番よく目にするのは将棋関係でポナンザとかが一流のプロ棋士にも勝てるようなものであろうか。  医療診断で人間が見つけられなかった病気を発見したとかが報道されることがよくある。  AIが人間の職業を奪うとか言われる。  車の自動運転等が実現すれば、タクシー運転手は不要になる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年のノーベル賞を自分流で解説

 今年のノーベル賞を自分流で解説してみる。  今年のノーベル賞で私が興味を持っているのは医学・生理学賞、物理学賞、化学賞の3部門である。  ノーベル賞 医学・生理学賞は体内時計の研究である。  ノーベル賞 物理学賞は重力波観測である。  ノーベル賞 化学賞はクライオ電子顕微鏡法である。  流石に今年は日本人が一人も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチトマトの室内栽培

 プチトマトの室内栽培をしてみた。  今年3月23日のNHK朝のニュース内の「まちかど情報室」でプチトマトの室内栽培のことを紹介していた。  ウララキューブという会社でやっている、とのことでその電話番号も書いてあったので、メモしておいた。  このプチトマトの栽培はある目的があるのだが、それはここでは述べない。   多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学と産業の停滞シンポに参加

 「科学と産業の停滞と復興」シンポに参加した  5月の初めくらいに日本学術会議のHPにこのシンポジウムのお知らせが載っていた。どうしようかな、と思っていた。  最近の傾向として、迷う時には参加してみる、を実行した。  一応事前申し込みは不要と知っていたので、開催日の1日前の6月21日に参加を決めた。  タイトルからして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境工学連合講演会に参加

 環境工学連合講演会に参加した。  当初は参加するつもりはなかった。  でもプログラムを見て、省エネ、水資源や廃棄物関係の発表が多くあり、これらのことに関心があったので参加申し込みをした。  案内には5/1締切とあったが、申し込みをしたのは5/10であった。  ダメ元と思っていたが、OKのメールが届いた。  当日会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続して3日間、別々のシンポに参加

 5/13、5/14、5/15に各々別のシンポに参加した。  各々以下のものである。   (1)町起こしシンポ   (5/13)   (2)地層処分シンポ   (5/14)   (3)Future Earthシンポ(5/15)  町起こしシンポはもちろん地方創生という考えもあるし、義父宅周辺の街並みも決して活発なものと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線等によるDNA損傷の回復の基礎知識についてーその2

 先週に引き続き、放射線等によるDNA損傷の回復の基礎知識について述べてみる。(その2)  昨年11月にこの概要については述べた。下記にそのURLを示しておく。  http://hitotsunoishi.at.webry.info/201611/article_4.html  この時、香川論文では2015年のノーベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学技術人材育成シンポジウムに参加

 科学技術人材育成シンポジウムに参加した。  今年1月は特にこうしたシンポジウム関係に多く参加した。  ちょっとタイトルのみ挙げてみると、防災セミナー(1/15)、循環型社会シンポ(1/17)、全国(自治体)連携シンポ(1/19)、廃止措置・人材育成フォーラム(1/20)、災害ボランティア講習(1/21)、農業エンジニアリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資源循環型社会構築シンポに参加

 資源循環型社会構築シンポに参加した。  私のノートの記録によれば、昨年12月21日に参加申し込みをしている。  開催は今年1月17日である。  プログラムは末尾に添付する。  なぜこのシンポに参加したかと思い返してみた。  漠然としたタイトルである。  でも資源循環というのは今の社会の一面の問題を取り上げた大きな問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術倫理シンポに参加

 この前、技術倫理シンポに参加した。  今年10月末に原子力学会からメールが来た。ロボットと人間、人工知能(AI)と人間の関係を探りたくて申し込みした。  11月22日はお昼前に家を出た。東京理科大の森戸記念館(JR飯田橋駅より徒歩5分)は前にも行ったことがあるので、割と迷わずに行けた。  ただ、講演者の一人はかなり迷った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も日本人がノーベル賞を受賞

 今年も日本人がノーベル賞を受賞した。  10月3日夕方6時からNHKのニュース、続いて、仙台では「てれまさむね」という仙台ならでは番組を見ていた。  その途中で日本人がノーベル賞医学・生理学賞を受賞した、という短いニュースが読み上げられた。  こういう時こそ、字幕で示すべき、と思った。日銀短観などが時々臨時ニュースとして字幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「熊本地震・三ケ月報告会」シンポに参加

 「熊本地震・三ヶ月報告会」のシンポジウム(7/16(土))に参加した。  熊本地震について、一部の結果については今年5月の防災セミナーでも聞いた。下のURL参照。    http://hitotsunoishi.at.webry.info/201605/article_3.html  このシンポジウムは上記のような断片的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物工場シンポに参加

 植物工場シンポに参加した。  今回で3回目になる。  第1回目は3年前、2回目は2年前で下記のブログに書いてある。   http://hitotsunoishi.at.webry.info/201303/article_4.html   http://hitotsunoishi.at.webry.info/201403…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学問の消滅と生成」のシンポに参加

 「学問の消滅と生成」のシンポに参加した。  参加した理由は単純である。  私が指向している環境制御工学、台風や地震のような自然災害のエネルギーを生活用に転化させる学問の生成、というところを目指して、何か情報を得ようとしたからである。  7月10日(日)の12:40頃には会場に着いた。  受付で登録したが、資料は何も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more