地域内有志の懇談会の件

 役所のセミナーに参加したことは以下のブログに書いた。

○2013/03/03 「役所のセミナーに参加」
  http://hitotsunoishi.at.webry.info/201303/article_1.html
○2013/03/17 「役所のセミナーに参加・その2」
  http://hitotsunoishi.at.webry.info/201303/article_3.html

 このセミナーで知り合った数人の人とその後に有志の懇談会を2回(4月に1回、5月に1回)開いた。

 世話役はA氏とB氏で、A氏が開催メール送付、B氏が電話で出席確認の連絡という役割分担していた。

 第1回目の懇談会では、まずみんなの今までの経歴を主とした自己紹介を行った。
 皆はいろいろな経歴を持っていた。大学の理系の元先生、主婦で織物をやっている女性、宝石商の人、パソコンのインストラクタ、踊りのプロデューサーみたいな人、私・技術者(科学者のつもりだが)、CM業界関係の人(第2回から参加)と多彩である。
 皆が自己紹介をしただけで第1回目の懇談会は終了した。
 皆の会話でのキーワードを挙げてみる。健康管理や病気、東日本大震災等の防災、ノーベル賞等の夢、ボランティアとお金、放射線取扱等の資格、マンションでの孤独死、吉田松陰等の偉人の話であった。
 病気については、命に関わる重大な病気になった人もいれば、一度もそんな病気になったことがない人もいたが、関心は高いようであった。
 防災については、私が「防災、防災」と叫んでいただけであるが、皆はやはり東日本大震災のことが頭に浮かぶようであった。
 ボランティアは皆関心はあるのだが、『ボランティアはただ』という意識はなく、小額でもいいから何らかの報酬を得ることで社会貢献したいという思いは共通していた。
 マンションでの孤独死ということが話題になって、この問題を何とかしたくて、今回の役所セミナーに参加した人もいたようである。
 結局第1回目の懇談会は何も決めず、こうした話し合いをしていく中で何をするか決めようということになった。ただ、この懇談会の名称提案を宿題として第2回懇談会までにメールで提案することとした。

 第2回目の懇談会が5月末に開催された。第2回に新しく参加したメンバー紹介があった後で、宿題であった懇談会の名称を決めた。
 23個の候補名が挙がり、その中から、世話役のA氏が名称の条件として地域の特性がわかるように、また世話役B氏はこのメンバーが集まったことの意味を持つ言葉を、という条件を出し、それらの条件の下で第2回参加のC氏が23案の中の有力候補の折衷案を提案して、それを懇談会の正式名称「○○塾△△」(仮にD塾とする)とすることになった。
 また、開催場所を今回借りた場所とし、月に1回定期的に開催することとした。会費は懇談会開催場所の借り賃として500円/回/人とした。
 会の役員として、A塾長、B理事長、C副理事長、広報、会計、監査役、庶務が決まった。というか全員が何かの役員となったのである。ちなみに私は庶務係である。
 この他、D塾の規則(塾則)、塾のブログ、塾のロゴ(マーク)を作ることになった。
 塾則については、私が日本原子力学会の定款(団体の会員規則)を基にたたき台を作って、第2回懇談会後に全員にメール提案した。次回の第3回懇談会で議論することになっている。
 塾のブログについては、B理事長が元々自身のブログを持っていることもあり、D塾のブログも作成することとなった。今はそのブログが既にできており、私も毎日見ている。
 塾のロゴはC副理事長がその分野の専門家なのですぐに依頼することに決まった。

 このD塾は政治団体ではなく、NPOを目指すので、政治や宗教活動はしないことや地域に関連したボランティア活動等をすることとなったが、何をやるかは未定である。ただ、今年9月に開催される地域のイベントに参加することを目指して活動していくこととした。
 私は塾則のたたき台を作り終ると、次に防災ネットワーク構築計画案(5年計画)を作成して、話題作りとして各員にメール送付した。第3回で議論されるかどうかは未定である。

 とにかく、ボランティアか何かをやりたい、ということでD塾の活動はスタートした。
 これからどのように進展していくか、または空中分解するかはわからないが、とにかく第一歩を踏み出した状態である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年06月16日 12:07

初めまして・・・ブログでよろしく(*^_^*)

この記事へのトラックバック