CD-Rの盤上に文字書込みができるんだ

 CD-Rも盤上にタイトルコピーできる時代なのか。 

 今、会社で外部に報告書を出すことになっている。その時、報告書に要求される事項として、報告書の印刷版数部とCD-R数枚を出すようになっている。で、そのCD-Rには盤上に報告書のタイトルを書き、ファイルとして報告書を出すようになっていた。

 会社のパソコンに詳しい人に聞くと、CD-Rでインクジェット対応のCD-Rを入手するように言われた。えー、そんなCD-Rがあるのか。新鮮な驚き。そういう種類のCD-Rを事務の女性に依頼して入手した。次にはどうしたか。自分で使用しているパソコンにはCD-Rのタイトルコピーの機能はない。近くにそういうプリンタを備えたパソコンがあった。それにCD-Rにタイトルを書き込めるソフトが装備されていた。

 そのソフトはCANONのUtilityで Easy-PrintToolBoxというものであった。これを使って表紙のタイトルを書いたファイルを作成した。画面上にCD-Rの絵が出て、そのタイトルの配置がうまく見えるようにしたものであった。作成後そのファイルを保存した。

 次にCD-R上にいよいよ書込みだ。CANONプリンタに専用のCD-Rホルダがあって、それにインクジェット対応のCD-Rを入れてをプリンタにセットした。それから先ほど作成したファイルをEasy-PrintToolBoxで呼び出し、その中の印刷ボタンを押すとプリンタにセットしたCD-R上にタイトルが印字された。ああ、そうだ、はがき上に年賀状印刷するのと同じことか。うんうん、わかった。でもこれだけでは終わらないのだ。

 うかつにも私はCD-Rには普通にパソコンのコピー機能でファイルをコピーできると思っていた。でも違うらしい。しかも私が使っているパソコンはWINDOWS2000なのでCD-Rのコピー機能さえ持っていないらしい。WINDOWS XPでないとだめらしい。またXPだけではだめで専用のCD-Rコピー機能のソフトがいるらしいと聞いてまた愕然。

そのソフトはsonicというメーカーの Digital Media Projectというソフトでその中の Copy Moduleというソフトを使うらしい。この辺はよく知っている人間の指導に従うだけ。
まず、報告書のファイル50MBはWORDとEXCELタイプなのでこれをPDF変換する必要がある。これは私のパソコンにPRIMO PDFというPDF変換ソフトがあるのでこれで変換した。このPDF変換したファイルをUSBフラッシュメモリ(2GB用)にコピーし、先ほどCD-Rのタイトル印刷につかったパソコンに入れた。このパソコンはWINDOWS XP装備でこのsonicというソフトも装備しているのでその本体のハード部分に先ほどタイトル印刷したCD-Rを入れ、sonicを使ってコピーすると1分くらいでCD-R上にPDFの報告書がコピーできた。これを自分のパソコンにセットしてCD-R上のPDF報告書が読み出しできることを確認して報告書作成終了である。

 世の中の進歩に人間の頭がなかなか追いついていかないなあ。この前のインターネットトラブルでも感じたが、世の中の進歩に追いつくための柔軟な頭を持っていないと生きにくい時代なのか。うつ病になる人間が多いというのがわかる気がする。今までに得た知識がどんどん役に立たなくなる時代。価値観を確立して不動のものということでは今回みたいな事態に対応できない。できるだけ頭を柔軟にして、会社の若い人、息子、娘にも教わる、という気持ちを忘れないようにしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック