スタートレックDS9のオドー保安部長の憂鬱について

  5/2(月)のフジテレビの夜中のDS9を本日見た。やはりDS9は月曜の夜中なのか。
  DS9にオクサナがやってきた。ベタゾイド人(人の心が読める人種)であり、前シリーズでのカウンセラ-のディアナ・トロイの母親であったはず。その人がDS9に逃げてきた。妊娠していて、旦那さんの星では生まれてくる子が男であるなら、男親が育てるということでそれが嫌なオクサナは逃げてきたわけである。オクサナはオドーに保護を求めたわけで、感情の乏しいオドーには迷惑な話のはずが、だんだんオクサナのペースに巻き込まれていく。
  一方、もう一人の客がDS9に来た。オナサ(だった?)という人で歴代の天才に関わって、その天才を開花させたらしい。DS9でシスコ司令官の息子のジェイクに目をつけ、その作家の才能を開花させようとするが、その代わりに命を削るくらいの脳の活性化を行う、というもの。
  この2つの話が並行して進む。最近2つのテーマの同時並行が多い。逆に言えば、一つのテーマで絞込みができていない、といえるか。1つのテーマについてもっとしっかり描いた方がよいのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック