将棋について

将棋は小さい頃からやっていた。父と指したかすかな記憶。祖父と指して歩3つで負けた記憶。高校までそんなに関心はなかった。大学に入ってふと買った近代将棋という本。思わずはまった。
でも解説等を読んでいるだけ。強くなるわけではない。田舎にいた親父はずっとB級で指していたが、私が大学生のとき、B級で優勝して次の年からA級で指していたが勝てなくなったといっていた。それはそうだ。年食ってA級に上がって勝てるわけがない。ギャンブル好きな生活能力、社会的能力のない親父であった。教育勅語を暗記していた人。人から皮肉交じりで言われていた言葉。「大学の教授だったらよかったのにね。」私自身はゴジラの映画に1回つtれていってもらった。でも時間があって待ち時間でパチンコ屋に入り、パチンコをしていた記憶もある。私の棋歴はない。公式戦に出たことはない。でも新聞の次の1手クイズで○段の免状を日本将棋連盟からもらっている。少し前までインターネットで将棋をやっていたが、最近はゲームの東大将棋にはまっている。この棋戦のA級で優勝するのが今の目標である。将棋界は今戦国時代。私は谷川ファンであるが、羽生さんがNHK棋戦で歴代の名人(大山、中原、加藤)と連破した時の印象が強く残っている。あの時は華奢な青年という印象でしたね。時に将棋連盟HPを覗いてみたり、今は新聞の王将戦の棋譜を並べてみたりしている。散漫に思いつくままをかいてみました。

ー以上-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック