テーマ:教育

妻と2人で息子の大学の文化祭へ行った

 先週、妻と息子の大学の文化祭に行ってきた。  妻は息子の大学の環境がみたいと言う。大学の入学式には行ったが、武道館で行ったので、大学のキャンパスは見ていない。私は大学の父兄説明会等数回息子の大学のキャンパスをみているので別にみたいとも思わないが、妻に付き合った。  息子に案内するように言ったが、息子は嫌だと言う。まあそれは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめを防止するための方法

今、いじめに関する報道が多く見られるので、いじめを防止する方法を考えてみました。短期的な方法と長期的な方法です。  まず短期的な方法から。まずいじめ基金を創設する。ここにいじめ調査のための探偵を雇う資金をプールする。学校ではいじめの訴えを生徒から受けたら密かにこのいじめ基金の事務局に連絡して調査依頼する。  いじめ基金事務局で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

娘の三者面談に行ってきた

 今日娘の三者面談に行ってきた。  といっても娘は気分が悪い、とのことで欠席し、私だけが先生と面談したので保護者用進路相談となった。先生は娘の作った志望校の願書受付から合格発表、入学手続きまでの日程表を見て、志望校に変更はないことを確認した。     先週、娘の学校で進路説明会があり、一人で平均4,5校受験する、とのことなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめの防止に関する経験を話そう

 最近いじめに関する自殺が2件続き、教育再生会議でも取り上げられることになるようだ。  毎日新聞の元村記者が今日の毎日新聞HPの発信箱に、「いじめられっ子」たちへ、と題する記事を書いていた。  私も子ども2人でもう大きくなっているので今は心配ないが、小さい頃にはいじめ、と見られる「事件」があった。上の息子と下の娘について、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

我が家の受験方針を変更した

 今日家族皆で外食した。高三の娘の成績の件で少し話した。  娘の成績はあまり芳しくない、とのことだった。また高三になってからの校外模試の判定も先生や親の希望する希望校に対する判定はよくない、ということを聞いた。  最初はなんで勉強しないのか、と思った。でも待てよ。私は今まで、「勉強は楽しいかい?」「勉強が楽しくなるためにどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の大学の父兄懇談会に出席

 今日息子の大学の父兄懇談会があった。大学に父兄懇談会なんて、と思ったが行ってきた。  まず全体会があり、概要説明。検診で90%以上が受診。運動しない学生が半分以上。多い。酒を飲まない人が半分以上。(息子曰く、ウソだよ) 毎日飲む人が2割。これは本当っぽい。課外活動をやるように。コミュニケーション能力の養成になる。その他振り込めサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学歴社会はなぜ続く?

 毎日新聞の元村記者のブログでのコメントの中で、学歴社会についての疑問があったので考えてみました。  なぜ日本が学歴社会なのか。簡単です。人物を採用する側に見る能力がないからです。日本人は昔からこうした人を客観的に評価すること等の土壌がありません。だから、そうした人を見る能力がないことを隠し、人物の採用に理由をつけるには学歴が一番…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

娘の高三初の三者面談

 本日高校3年生になる娘の三者面談があったので行ってきた。  三者面談。2年生まではそんなに問題になるものではないが、3年生になると進路に直結するので重要になる。  今回は5月下旬に行われた中間テストの結果が話題にされる可能性が高い。昨日はそれを聞きそこなったので、直前に娘と落ち合って聞いてみた。そこそこ、とのことであったのでそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

1ヶ月遅れの息子の成績表

 4月に入って大学1年の息子の成績表をもらった、とのことである。え、何で今頃、と思う。  息子の1年後期の試験は1月末に終了している。2月末にはもう出てくる頃かと思って聞いてみたが、なかなかもらえないという。3月になってインターネットで送られるとか、郵送でくるとかいうことなので、待ったが来ない。  3月末になってさすがに手続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒めることって難しい

 私の娘が通っている高校で、娘が昨年1年間よくがんばった、ということで特待生に選ばれたらしい。  3月終わり頃に高校より1通の手紙が来た。何かな、と思ってみると娘が今年4月より特待生になった、だから4月8日に表彰するので父兄と一緒に来て欲しいという通知であった。  最初は素直にうれしかった。娘の昨年1年間の努力が認められたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いのちの教育」について考える

 毎日新聞の元村記者のブログで「いのちの教育」について書かれてあったので、これについて考えてみました。  私はいのちの教育で以下のようなことを全員に教えて欲しいと思います。 (1)ホメオスタシス(身体恒常維持機能)  身体とこころの自然防御機能。寒いところでは身体がそれに適応するように働く、傷ができると修復するように身体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの犯罪には親に莫大な補償金支払い義務化を

 今日(2005/12/17<土>)の毎日新聞の社説に少年法の厳罰化について書いてあった。これに関して、少し考えてみたい。  同社説では「間違い稽古」でタフに育てる、という趣旨のことが書いてあった。挫折や失敗にくじけぬタフな子どもを育てれば少年事件の多くは防げるとか。これを学校教育の導入するとか。  でもこうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の高校での三者面談について

 先週の土曜(11/26)PMに娘の三者面談があり、娘と一緒に学校へ行ってきた。  高校2年生なので、まだ大学は決めなくてよいはずであるが、娘の担任の先生は早く決めてその学科に集中するべき、という非常に教育熱心な先生で、勉強の仕方を熱心に説教されるので、前回だったか、妻が娘と行って、先生の言うことに反論もできずにうなずくばかりで帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「優秀な教員」とはどんな人か

「優秀な教員の優遇は正しいか」について  この前、娘の学校で、先生が生徒にどう思われているかの評価を先生がされているらしい、という話を聞いた。  優秀な先生というのは確かに評価が難しいし、それを校長先生が評価するだけでいいのか、ということもあります。    先生同士の評価も生徒からの評価も当然入ってしかるべきだし、ことによる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

未成年の飲酒について

 ついこの間、タレントで未成年の飲酒が問題となって、活動停止となるニュースというか事件があった。  我が家でも、息子は大学1年生なので、もうそろそろビールくらい飲んでもいいだろうと思い、この間外食した時に、ビールでも飲んでみるか、というようなことを言ってみた。すると息子の答えはNOだった。  私がビールを飲み始めたのは、大学1年…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「兄と妹」について

「兄と妹」について  我が家も「兄と妹」の構成である。大学1年の兄と高校2年の妹は仲がいいのか悪いのかよくわからない。兄の方に「妹を大事に」といっても「ふふふん」といってうなずかない。妹の方に「兄は好き?」と聞いても、「きらい、やさしくないから。」という。確かに兄は妹に対してやさしくない。弟に対するみたいな態度を取る。妹もかわいい系とい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

子どもの病気での休暇について

  最近少子高齢化と共に子どもを育てる環境が厳しい云々という話が聞こえてくる。  本当に厳しいかどうか我が家の例で検証してみる。  私は結構メモ魔なので、我が家の子どもが生まれた当時の私と妻の休暇の取り方を見てみる。我が家は2歳違いの兄妹(長男、長女)である。私と妻は2人とも働いている共働き夫婦である。 (1) 長男が生ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

娘の文化祭に行ってきた

 今日といっても正確には昨日になったが、娘の高校の文化祭に妻と2人で行ってきた。  さすがに高校生。パワーが大人と全然違う。太鼓の連弾っていうのか、またチアガールのデモ等結構迫力があった。娘は漫画研究会に入っているので、そこものぞいた。今回はクラスの演劇の方が忙しかったのか、娘はあまり作品を展示していなかった。  娘のクラス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

娘の眼鏡について

 娘がついに眼鏡をかけることになった。  我が家は娘以外の3人は眼鏡をかけている。私は高校のとき、妻も高校のとき、眼鏡をかけた。息子も高校に入る前後で眼鏡をかけたと思う。娘もパソコン好きで眼鏡をかけるのは時間の問題とは思っていた。でも視力が0.3前後でも執拗に眼鏡をかけることには抵抗していた。  でも、この2学期に席替えで教…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

息子の大学の父母懇談会について

 息子の大学で父母会主催の父兄懇談会なるものに参加した。内容としては各部の教授の紹介、一人の教授の研究の例、学生生活の状況、就職状況の紹介、理事長による大学の方向付け、個別テーマ懇談会、懇親会であった。  教授連は父母会の招待という位置づけ。実例紹介という教授の話はおもしろかったが、学生への動機付けという点で今一歩か。  学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学旅行の欠席について

  5/24(火)より4泊5日の予定で高校生の娘の修学旅行があった。でも当日娘は風邪を引き、欠席となった。出向先でそのことを聞き、残念と思った。修学旅行というのは高校生活にとって非常に思い出に残る行事であり、友だちとの思いでも一杯作れるチャンスでもある。それがなくなったということで、これからの友だち関係にも少し影響があるし、後から考えて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

息子、娘の科学力について

 毎日新聞の元村記者の理系白書ブログで文系の科学力というテーマがあったので少し考えてみたい。  文系の科学力という点で、私は理系、息子も理系だったものの、娘は文系を選んでしまったので、娘の文系科学力について考えてみた。  我が家では昔からナゾナゾ系は好きである。だから、昔なら「マジカル○○パワー」、今であれば「○○サプリ」「○○教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコンの夜中使用禁止令発動

  昨日は久々に子どもを怒りました。娘は朝起きて学校に行く準備をしていたまではよかったが、その後、少し時間があったときに眠ってしまった。もう遅刻。今週はこれで2回目。原因ははっきりしている。前日の夜遅くまでパソコンのインターネットを見ていたので夜更かししたためだ。   夜になって、娘にだけでなく息子もパソコンは夜の12時までで、それ以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子育てかぁ・・・」について

「子育てかぁ・・・」について  子育てとは自分育てといわれます。子どもがわがままになってくると親の態度が問われます。子どもにいい加減な態度を取っていると子どもはだらしない子に育ちます。父母協力して、こういことには断固としてゆずらない、ということを決めておくことが必要です。そのとき、奥さんと自分の教育観の違いがあるときちんと調整しておかな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

学生への勉強の動機付けについて

 最近の学生は勉強への意欲が薄いと言われる。でもこれは勉強への動機付けが弱いからではないか。学問の各分野毎の課題をリスト化することはできないか。大はノーベル賞級の課題から、小は隣近所のおじさん・おばさんの要望まであってもかまわない。   例えば、コンセントである。接触抵抗の少ないコンセントはできるか、という課題を設定する。コンセントは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の高校の保護者会について

  昨日、娘の高校の保護者会があった。行ってみると、出席した保護者17人のうち、男性は私一人。先生と2人が男性。土曜日なのだからご主人が出てきてもよさそうなものだが、学校関係の行事は奥さん任せなのだろうか。教育というのは国家百年の大計。これをお母さん方だけに任せてそれでいいのだろうか。   毎年この時期の保護者会は保護者会の役員の選出…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

入学式について

 最近の就職には親が出てくることがよくある、との新聞の記事を見たことがある。何と情けないと思っていたが、つい妻の要請に負けて息子の大学入学式に出てしまった。とある場所に行ったら、まあ、行ってる親の多いこと。これの延長が就職での親の世話かと妙に納得。でも我が家はもうここまで。就職に関しては息子の活動を見守るだけにするぞ、と決心している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の高校のクラス懇談会について

 昨日娘の高校のクラス懇談会に出席した。当日はきっと私とクラスの先生の2人だけ男の黒2点で他はお母さん方ばかりと予想していた。しかし、もう一人お父さんが来ていて黒3点、お母さん方約20名であった。先生に1年の子どものお世話の感謝と子どもの様子を聞きたい、来年の先生の持ち上がりの有無等聞きたいことがあったので出席した。先生に娘の様子を聞く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの塾通いについて

  子どもを塾に通わせる親は多い。でも我が家は塾不要と考え、子ども2人にはサッカーと絵画の塾以外は行かせたことはない。これは、大学に入ってみればわかる。高校まで塾通いした人は大学に入ると塾がないから、勉強の仕方がわからなくなる。そうすると、勉強を諦めて遊びに向かう。大学がレジャーランド化する。何故か。勉強の仕方は自分に合うやり方を自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more