放射能なんて怖くない(後編)

 放射能なんて怖くない(後編)

 このタイトルは原子力学会に提出した資料のものである。
 福島原発事故の放射能の基本となる事項を整理して、放射能が怖くないことを説明したものである。
 学会からは新規性がないということで却下された。
 ただ、福島県の人、また日本全国の人は放射能に恐怖を持っている人も多いと思う。
 そういう人に少しでも放射能のことを理解してもらえたらよいと思う。
 先週と今週の2回に分けて掲載する。
 先週はキーポイントの(1)から(4)までを掲載した。
 今週は後編として(5)を掲載する。

1.はじめに
 福島原発事故において、今まであまりなじみのなかった放射能が身近になり、怖いと感じている人も多いと思う。
 そこで、放射能の正しい知識の一端を紹介する。
 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というように、放射能の正しい知識を持ってもらい、放射能はそんなに怖くないということを知ってもらいたいと思う。
 そこで、以下のような5つの簡単な項目を挙げて、その意味を(初級)(中級)(上級)のランク分けして説明する。

 ここで、(初級)とはあまり科学と縁のない人向けの説明である。
 私の妻や娘は文系であったので、あまり科学には詳しくない。
 妻や娘に説明するつもりで書いたものである。

 (中級)は多少科学の知識はあるが、原子力の知識はそんなに詳しく知っているわけではない人を対象とする。
 私の息子は理系の大学を出ているので、息子に説明するつもりで書いたものである。

 (上級)は原子力の専門家に向けて書いたものである。
 私は原子力分野に三十年間籍を置いていたので、専門家のつもりである。
 私の今まで得た知識を少し整理するつもりで書いたものである。

2.放射線に関するキーポイントの説明
 (1)セシウムはナトリウムの親戚である。
 (2)セシウムの放射線は紫外線と同じ電磁波である。
 (3)高山に住んでいる人の被ばくは平地より多いが、平地と変わらない生活を送っている。
 (4)広島・長崎の原爆やチェルノブイリ原発事故と福島原発事故の比較は適当ではない。
 (5)放射線に当たって細胞が一部壊れても、人間の体内の回復機能で回復する。

 以上の項目で(1)から(4)は先週説明した。
 今週は(5)のみを説明する。


 (5)放射線に当たって、細胞が一部壊れても、人間の体内の回復機能で回復する。(引用文献14&15)
(初級) 
 放射線に当たると、当たれば当たるほどダメージを受けると言われてきた。
 だからできるだけ放射線を浴びてはいけない、浴びる量によって発がんの割合が増えると言われてきた。
 だから、放射線を取り扱う作業者はできるだけ放射線を浴びないように鉛のブロック等を使って遮へいすることが行われてきた。

 ただ近年にこうした考え方は本当にいいのか、という声も出てきた。
 放射線を浴びても、量が少なければ人間の身体の中の回復機能によって、人間の身体に影響を与えないのではないか、という見直しの考え方である。

 人間の身体は60兆個の細胞でできており、その中では新陳代謝で毎日細胞が壊れたり作られたりしている。

1R2-9-27R1 5図5 DNA構造.jpg
         図1 DNAの構造

 その時に、DNAの中で色んな化学変化が起きる。
 紫外線を浴びると、皮膚の一部がやけどする。
 食品添加物で微量な有害物があると、それでDNAの一部が壊れたりする。
 こうした自然界の有害な要因によって壊れたDNAは修理する必要がある。
 修理(専門的には修復という。)の仕方としては、2つある。
 壊れた箇所に直接作用して治す方法と壊れた箇所の一部を切り取って、別の新品の修理部品を持ってきてつなぐ方法である。

1R2-9-27R1 6図6 ヌクレオチド除去修復.jpg
         図2 ヌクレオチド除去修復の例

 これによって、DNA修理ができる。
 このDNA修理ができない時は、廃品としてそのDNAを壊すことになる。
 また、DNAは複製を作って、新しいDNAに化粧直しすることもある。
 しかし、この複製の時に複製ミスを起こすと、これもDNAが壊れたのと同じ状態になる。
 この複製ミスをした時もやはりミス部分を切り出して、新しい複製を作る。

 こうしたDNA損傷や複製ミスの修復ということをベースに福島原発事故での放射能の影響を考えてみる。

 普通の生活をしていても、紫外線、酒、タバコ、食品添加物などによりDNAの一部は壊れる。
 これに放射線が加わると、通常よりも多少DNA損傷の数が多くなる。
 しかし、普通に栄養をしっかり摂ると、この栄養などを使ってDNAの損傷を修理してくれる。
 DNA損傷で修理できないものは、廃品として体外に排出されたりする。
 また、DNAの複製ミスも同様に修理してくれる。

 ここで重要なことはニンジン等に含まれるカロテンや緑黄色野菜に含まれる葉酸やビタミン等の栄養をしっかり摂れば、壊れたDNAを修理して、身体は健康な状態に維持してくれるのである。
 福島原発事故のような放射能の飛散が起きた場合でも、健康に影響が出るような放出の場合は避難が重要である。
 しかし、今回の事故のような場合は、ほとんどこの体内のDNA修理機能によって健康は回復できる。

 ただ、内部被ばく等はない方がよいのは確かなので、100Bq/kg以上の食品の汚染物摂取は控えた方がよい。
 でも食べたとしても、栄養十分でストレスがない状態にあれば、身体が勝手にDNA修復してくれるので心配する必要はない。

 またよく話題となるものにヨウ素剤がある。
 これは放射性ヨウ素I-131が喉にたまりやすいので、予めヨウ素剤を飲んでおくと、喉へI-131が蓄積するのを防ぎ、ダメージが少なくなるのである。
 日本人は元々海藻等ヨウ素の入った食物を多く摂るので、ヨウ素剤の代わりになるということもある。

(中級)
 人間の身体は放射線を一時に大量に浴びると、紅斑や嘔吐などの急性放射線障害等を引き起こすことはよく知られている。
 これらの症状はしきい値としての線量があり、このしきい値を超えると症状が現れる。
 これと同様の考えで、発がん割合も放射線を大量に浴びると増加することが知られている。
 この被ばくを微量の被ばくをした場合にも身体に影響があるとする考え方がある。
 LNT(Linear No-Threshold)仮説である。
 高線量での健康影響の比例関係を低線量の時にも外挿して、低線量でも浴びれば浴びるだけ影響を受けると仮定してきた。
 つまり、低線量における健康影響のデータは少ないので、安全側に見て、危険性が増すと仮定し、それが世界の専門家によって許容されてきた。
 しかし、近年の疫学調査等で、自然放射線の高い地域に住んでいる人の発がん割合が他の地域と変わらない等のデータも出ており、LNT仮説を見直す動きも出てきている。

 人間の身体は60兆個の細胞でできており、その中では新陳代謝で毎日DNAの塩基2万個が壊れている。
 DNA1本鎖の5万箇所が切断されている。
 その時、DNAの中で色んな化学変化が起きる。
 紫外線を浴びたり、食品添加物の有害物があると、それらの作用でDNAの一部が壊れたりする。
 こうした壊れたDNAは修理(以下、専門用語で修復という)できなければ、生物として生存していけない。
 修理の仕方としては、壊れた箇所に直接作用して治す方法1つ(直接修復)と壊れた箇所の一部を切り取って、別の新品の修理部品を持ってきてつなぐ2つの方法(ヌクレオチド除去修復と塩基除去修復)、の計3通りの修理方法がある。

R2-10-4R1 塩基除去修復 科学コミュニケーターブログ 日本科学未来館.jpg
         図3 塩基除去修復(資料にないものを追記、ノーベル財団の資料を日本科学未来館でアレンジしたものを引用)

 これによって、DNA修復ができる。

 このDNA修復ができない時は廃品として、そのDNAを壊すことになる。
 また、DNAは複製を作って、新しいDNAに化粧直しすることもある。
 この複製の時に複製ミスを起こすと、これもDNAが壊れたのと同じ状態になる。
 この複製ミスをした時もやはりミス部分を切り出して、新しい複製を作る。(ミスマッチ修復)

R2-10-4R1 ミスマッチ 科学コミュニケーターブログ 日本科学未来館.jpg
         図4 ミスマッチ修復(資料にないものを追記、ノーベル財団の資料を日本科学未来館でアレンジしたものを引用)

 こうしたDNA損傷や複製ミスの修復ということをベースに、福島原発事故での放射能の影響を考えてみる。
 普通の生活をしていても、紫外線、酒、タバコ、食品添加物などによりDNAは壊れる。
 これに放射線(壁から出てくるラドン等の自然放射線、宇宙から飛来する自然放射線、もし福島原発事故のようなものがあると、その人工放射線がプラスされる)が加わると、通常よりも多少DNA損傷の数が多くなる。
 また、放射線によるDNA損傷以外にも健康影響を与えるものがある。
 放射線が体内の水分子を電離して生じる活性酸素が化学作用としてDNA損傷に寄与することもあり、DNA損傷の半分以上はこの作用の影響がある。
 これらの損傷に対しても、普通に栄養をしっかり摂ると、この栄養などを使ってDNA損傷を修理してくれる。
 DNA損傷で修理できないものは廃品として体外に排出されたりする。
 また、DNAの複製ミスも同様に修理してくれる。
 ここで重要なことはニンジン等に含まれるカロテンや緑黄色野菜に含まれる葉酸やビタミン等の栄養をしっかり摂れば、身体は健康な状態に維持してくれるのである。

 福島原発事故のような放射能の飛散が起きた場合でも、健康に影響が出るような放出の場合は避難が重要であるが、今回の事故のような場合はほとんどこの体内のDNA修理機能によって健康は回復できる。
 ただ、内部被ばく等はない方がよいので、100Bq/kg以上の食品の汚染物摂取は控えた方がよい。

 でも食べたとしても、栄養十分でストレスがない状態にあれば心配する必要はない。
 宇宙飛行士等は1日に1mSvという通常では1年で被ばくする量を数日で被ばくするが、地上での栄養よりも多い量(毎日葉酸400μg、ビタミンC100mg、ビタミンE20mg、厚生労働省データで基準は日本人の基準として葉酸240μg、ビタミンC100mg、ビタミンE6mg前後)で健康を維持する規定がある。
 こうした栄養管理により、放射線でDNAが損傷しても、健康を維持できる仕組みが体内にあり、それを補うための栄養をしっかり摂ることが重要である。

(上級)
 従来のLNT仮説に対する考え方として、WAM理論(もぐらたたき)等が提唱されている。(引用文献16)

R2-10-4R1 WAM理論3 LNTとの比較 角山雄一氏解説.jpg
         図5 WAM理論(もぐらたたき)と従来のLNT仮説の比較図(資料にないものを追記、角山雄一氏の資料より引用)

 従来の定説であるLNT仮説は短期間での健康影響を表現しているだけで、長期間の場合にはその健康影響には限度があるとする理論である。
 この理論の中には身体の中の修復機能という用語は出てこないが、暗黙の仮定ではないかと考えている。

 人間の身体は60兆個の細胞でできている。
 その中では新陳代謝で毎日DNAの塩基2万個が壊れている。
 DNA1本鎖の5万箇所が切断されている。
 その時、DNAの中で色んな化学変化が起きる。
 紫外線を浴びたり、食品添加物の有害物があると、それでDNAの一部が壊れたりする。
 こうした壊れたDNAは修理(以下、専門用語で修復という)できなければ生物として生存していけない。

R2-10-4R2 WAM理論2 修復の系統.jpg
         図6 DNAの修復と細胞死の系統(資料にないものを追記、角山雄一氏の資料より引用)

 修理の仕方としては、壊れた箇所に直接作用して治す方法1つ(直接修復)と壊れた箇所の一部を切り取って、別の新品の修理部品を持ってきてつなぐ2つの方法(ヌクレオチド除去修復と塩基除去修復)、の計3通りの修理方法がある。
 これによって、DNA修復ができる。
 このDNA修復ができない時は廃品として、そのDNAを壊すことになる。
 また、DNAは複製を作って、新しいDNAに化粧直しすることもある。
 この複製の時に複製ミスを起こすと、これもDNAが壊れたのと同じ状態になる。
 この複製ミスをした時もやはりミス部分を切り出して、新しい複製を作る。(ミスマッチ修復)

 こうしたDNA損傷や複製ミスの修復ということをベースに福島原発事故での放射能の影響を考えてみる。
 普通の生活をしていても、紫外線、酒、タバコ、食品添加物などによりDNAは壊れる。
 これに放射線(壁から出てくるラドン等の自然放射線、宇宙から飛来する自然放射線、もし福島原発事故のようなものがあるとその人工放射線がプラスされる)が加わると、通常よりも多少DNA損傷の数が多くなる。
 また、放射線によるDNA損傷以外に、放射線が体内の水分子を電離して生じる活性酸素が化学作用としてDNA損傷に寄与することもあり、DNA損傷の半分以上はこの作用の影響がある。
 これらの損傷に対しても、普通に栄養をしっかり摂ると、この栄養などを使ってDNA損傷を修理してくれる。
 DNA損傷で修理できないものは廃品として体外に排出されたりする。
 また、DNAの複製ミスも同様に修理してくれる。
 ここで重要なことはニンジン等に含まれるカロテンや緑黄色野菜に含まれる葉酸やビタミン等の栄養をしっかり摂れば、身体は健康な状態に維持してくれるのである。

 福島原発事故のような放射能の飛散が起きた場合でも、健康に影響が出るような放出の場合は避難が重要である。
 今回の事故のような場合はほとんどこの体内のDNA修理機能によって健康は回復できる。

 ただ、内部被ばく等はない方がよいので、100Bq/kg以上の食品の汚染物摂取は控えた方がよい。
 でも食べたとしても、栄養十分でストレスがない状態であれば、心配する必要はない。

<引用文献>
(14)香川康雄、原子力学会誌2016年11月号
(15)2015年ノーベル化学賞でのノーベル財団資料
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2015/popular-chemistryprize2015.pdf
(16)真鍋勇一郎等、日本原子力学会誌、Vol.56,No.11(2014)
  -以上-

"放射能なんて怖くない(後編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント