原子力学会秋の大会オンライン参加-発表内容の説明等(その4)

 2020年原子力学会・秋の大会はオンライン開催となった。

 今回は(その4)として、第2日目午後の部分について書く。
 (その1)(その2)(その3)を見た人は下記の概要部分を飛ばして見てください。

 プログラムから学会で興味があった内容についての内容等の説明をしてみる。

 期間は2020年の9/16(水)~9/18(金)の3日間であった。
 今回も福島事故関連を主として聴講した。
 聴講スケジュールは以下の通りとした。

 9/16(水) AM1  AM2    PM1    PM2      PM3      
   J核セキュリティ    D新検査制度 A放射線測定  J 安全文化 
 9/17((木))
    A環境放射能     Bコロナ対応 A環境放射能  A環境放射能
 9/18(金)
    A環境放射能    Bグランドチャレンジ A 環境安全   

 AM1は10:30-11:00くらいにある発表、AM2は11:00-12:00くらいにある発表である。
 PM1は13:00-14:30にある特別セッション、PM2は14:45-16:00くらいにある発表、PM3は16:00-17:30 くらいにある発表時間帯である。

 各テーマについて整理してみる。

 第一には、福島事故関連の情報収集である。
 第二には、私が研究している核変換技術の情報収集と共同研究グループとの連携の検討であるが、今回はそれに該当するものはなかった。
 第三には、教育、といっても私の研究の後継者探しという面が強い。
 これはオンラインでは難しいものがある。
 第四に興味があるものの聴講、今回の場合はグランドチャレンジ(原子力委員会の岡委員長の原子力界に望むこと)である。
 その他として、トピックス的なもの(コロナ対応)もミーハー的に仮想聴講した。

  以下にオンライン聴講順にメモ程度に書き留めていく。

 長々と見たくない人は末尾にまとめを書いておくので、それだけみればいいかもしれない。

 今回は9月11日に予稿集ダウンロード、9月16日に開催、と検討のための期間が短かった。
 ほとんどプログラム自体もエイヤーと決めたこともあって、あまり考えもせずに、A会場が福島事故関連だったので、これを多く聴講した。

 第2日午後2番目はA会場の「環境放射能・モニタリング2」をオンライン視聴した。

 2A08では「福島における放射性物質分布調査 (8)生活経路に沿った空間線量率測定に基づく被ばく評価」というタイトルで、日立の佐藤氏が発表した。
 避難指示が解除された地域等に住民が帰還した際の被ばく線量について、生活行動経路の聞き取り調査とその行動経路全体をカバーする空間線量率の測定によって精度よく推定する事業について、2014年度から継続的に実施している。
 事業の中で開発した被ばく線量シミュレータについて、その仕様および精度評価の結果について報告する。
 生活行動経路の情報から被ばく線量を推定するスマホ版アプリを開発し、その精度を確認した。
 スマホ版アプリの精度確認のため、福島第一原発周辺の地域に勤務/在住の36名を対象に調査を行った。
 スマホのGPSから滞在先、滞留時間、移動経路を把握した。
 スマホ版アプリによる推定結果と個人線量計による測定結果を比較した。

R2-10-26R1 2A08 スマホ線量推定.jpg
         図1 スマホアプリによる線量推定

 10μSv/d以上の領域ではよく一致しているのに対し、2μSv/d程度の領域では相対的にばらつきが大きくなった、と説明した。

 2A09では「福島における放射性物質分布調査 (9)福島県川俣町及び浪江町の森林における放射性セシウム移行状況」というタイトルで、筑波大学の加藤氏が発表した。
 森林に降下した放射性セシウムは、樹冠(樹の上部の葉っぱの茂っている部分)に捕捉され、その後の雨水や落葉等にともなって徐々に林床(樹木の下の地表面)に移行する。
 森林内の放射性セシウムの分布とその時間変化を予測するためには、樹冠から林床への移行状況を把握するとともに、主要な移行メカニズムと時間変化の要因を解明することが必要である。
 ここでは、福島県の川俣町と浪江町の2つのサイトのスギ林及び広葉樹混交林を調査対象に選定した。
 各調査サイトの森林において、樹冠通過雨、樹幹流、落葉・落枝、枝葉等に含まれる放射性セシウム濃度を測定し、樹冠から林床への移行フラックスを推定した。
 雨水及び落葉等の試料を採取し、雨水はろ過処理、落葉等は乾燥後に粉砕機で粉砕し、均一化した。
 それらの試料について、Ge検出器を用いてCs-137濃度を定量した。
 初期沈着量より補正したデータから、樹冠から林床への移行は指数関数的に減少していた。
 観測年の総降水量や樹冠から林床への総沈着量や各移行経路の割合が変動するものの、経年の変化傾向は放射性セシウムの樹体から雨水への溶出が変化していることを示唆するものであった。
 事故直後の表面汚染から表面吸収による樹体への取り込み、また樹体内の放射性セシウムの転流と蓄積部位の変化等の影響を表す可能性が考えられる、と説明した。
 (筆者注:セシウムは最初樹木の葉や幹に取り込まれるものの、水の中に溶けだして移行する量が減少している傾向があるようである。これは溶解性セシウムから不溶解性セシウムの割合が多くなったか、または溶解性のセシウムはほとんど溶解して移行し、不溶解性のものだけが樹木の中に安定して存在するのかもしれない、と私は解釈した。)

 2A10では「福島における放射性物質分布調査 (10)福島県浪江町のスギ林における樹冠通過雨の放射性セシウム濃度と空間変動性の解析」というタイトルで、筑波大学の篠塚氏が発表した。
 これは2A09と関連したものである。
 事故初期は主に溶解性セシウムとして雨水に溶出し移行する成分が多かったが、樹冠中のセシウムは時間経過とともに表面汚染から徐々に内部汚染に変化することが報告されている。
 福島県浪江町のスギ林を調査して12 個の雨水サンプラーを用いて樹冠通過雨を採水し、セシウムを溶解性と不溶解性のものに分けてそれぞれ測定した。
 結果としては森林密度の高いところでは溶解性のセシウムが多く移行する、と説明した。

 2A11では「福島における放射性物質分布調査 (11)福島県浪江町の森林源頭部流域における渓流水の溶存態放射性セシウム濃度の変動について」というタイトルで、筑波大学の赤岩氏が発表した。
 これは2A09、2A10との関連発表である。
 森林から河川水への溶解性セシウムの流出過程を明らかにするため、森林源頭部流域を対象として、湧水や表流水、斜面から流入するリター(落葉落枝)層・土層通過浸透水に含まれる溶解性セシウム濃度の時間変化の観測と、流量や気温に着目した変動要因の解析を行った。
 福島県浪江町の森林源頭部小流域を選定した。
 湧水及び下流の表流水の流量及び水温、気温と林外雨量を観測し、湧水と表流水、リター層及び土層の通過浸透水を定期的に採水した。
 湧水の溶解性セシウム濃度は流量の増加とともに低減したが、表流水ではそのような傾向は認められなかった。
 一方で、表流水やリター層・土層通過浸透水の溶解性セシウム濃度は日平均気温とともに増加する傾向が認められたが、湧水ではそのような傾向は認められなかった、と説明した。

 2A12では「福島における放射性物質分布調査 (12)福島県浪江町のスギ林における樹幹流が放射性セシウムの土層への浸透に及ぼす影響」というタイトルで、筑波大学の飯田氏が発表した。
 これは2A09、2A10、2A11との関連発表である。
 福島県浪江町のスギ林を対象に、ゼロテンションライシメーターを用いて樹幹近傍および樹幹から離れた地点の土壌浸透水量を観測し、それらに含まれる溶解性セシウム濃度を測定した。

R2-10-26R1 2A12 ライシメータ構造 有光氏の1982年林試研報より抜粋.jpg
         図2 テンションフリーライシメータの構造(有光氏の1982年の林試研報より抜粋)

 その結果、樹幹近傍の浸透水量、溶解性セシウム濃度、セシウムフラックスは、樹幹から離れた地点に比べ高い値を示した、と説明した。

 2A13では「福島の放射性物質分布調査 (13)福島県の森林を対象とした広域測定データに基づく樹体の放射性セシウム濃度の時間変化傾向」というタイトルで、筑波大学の森氏が発表した。
 ここでは、林野庁や福島県が測定した福島県内の多地点の森林における放射性セシウムのモニタリングデータを用いて、異なる樹種について樹木部位や林床の放射性セシウムの分布状況の時間変化を解析した。
 解析結果から、ヒノキとスギは辺材のセシウムの面移行が減少傾向を、心材では増加傾向を示し、結果的に辺材と心材の137Cs 濃度比が時間とともに増加することがわかった。
 一方、アカマツでは前述の2 樹種のような明瞭な変化は見られなかった、と説明した。

 2A14では「Investigation on distribution of radioactive substances in Fukushima (14) Seasonal variation in radio-cesium deposition through stemflow following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident」(福島における放射性物質分布調査 (14)樹幹流の中の放射性セシウムの季節変動)というタイトルで、筑波大学のSaidin氏が発表した。
 この研究において、ヒマラヤスギと樫の樹枝流と樹幹流を経由した林冠を通る放射性セシウムの輸送と沈殿についての季節変動を調べた。
 川俣町の山木屋地区での杉林と樫の樹枝流/樹幹流の比を取ると、樹幹流は秋から冬にかけて多くなる、と説明した。

 2A15では「福島における放射性物質分布調査 (15)森林植物根中のCs-137 およびCs-133 の深度分布」というタイトルで、筑波大学の高橋女史が発表した。
 福島県川俣町山木屋地区で行ってきた土壌深度分布モニタリングによる土壌試料から植物根を選り分け、そのCs-137 およびCs-133 について測定を行った。
 Cs-137 濃度は年々増加しており、さらに移行係数(植物根/土壌Cs-137 濃度比)も時間とともに、また深くなるとともに増加する傾向が認められた、と説明した。

 (筆者注:正直に言って、この2A09~2A15の発表は論文発表の水増しのような感じがした。1つか2つの発表にまとめられるものを学生の発表機会を増やすために水増ししたのではないかと思う。)

 2A16では「福島における放射性物質分布調査 (16)懸濁態放射性セシウムを用いたダムによる細粒粒子の捕捉能の評価」というタイトルで、筑波大学の谷口氏が発表した。
 福島第一原発事故由来の放射性セシウムをトレーサーとして、ダム湖における細粒粒子の捕捉率の算出を試みた。
 のべ29か所の河川における放射性セシウムのデータを解析した。
 その結果、ダム湖による細粒粒子の捕捉率は、約70%と見積もられた、と説明した。

 2A17では「福島における放射性物質分布調査 (17)東日本における各河川中底質堆積物のセシウム137 動態の分析」というタイトルで、筑波大学の恩田氏が発表した。
 環境省採取の東日本全域の川底土サンプルのセシウム濃度を粒度補正し、解析を行った。
 その結果,2013 年から2018 年の平均減少率λ は約0.168 であったが、流域平均沈着量が少ない地域ではばらつきが大きくなった、と説明した。

 2A18では「福島における放射性物質分布調査 (18)福島県飯舘村におけるGeoWEPP を用いた放射性セシウム流出分布の解析」というタイトルで、筑波大学の藤原氏が発表した。
 ここでは、対象流域内のどの場所で放射性セシウムが流出しているのかを、土壌侵食・土砂流出モデルであるGeoWEPPを用いて解析することを目的とした。
 
R2-10-26R1 2A17 GEOWEPPの概要 宇都宮大学 大澤氏の論文より抜粋.jpg
         図3 土砂流出モデルGEOWEPPの構造(宇都宮大学大澤氏の論文より抜粋)

 2013 年から2018 年まで対象流域内のCs-137 流出量マップを作成し、Cs-137の流出の多い地域を示した、と説明した。

 2A19では「Investigation on distribution of radioactive substances in Fukushima (19) Assessment of the radiation doses to Japanese cedar affected after the Fukushima accident」(福島における放射性物質分布調査 (19)福島原発事故での日本杉の放射線被ばく評価)というタイトルで、筑波大学のMikailova女史が発表した。
 研究は、日本杉の福島原発事故後に放出された放射線でイオン化されて被ばくした割合の評価に関するものである。
 放射線被ばく計算は、福島県の森林生態系の種々の異なる成分の中の放射性セシウム測定に関する開発され、パラメータ化された線量測定法のモデルにより実行された、と説明した。

 ここで2日目午後の発表は終了した。

 今回(その4)を以下に簡単にまとめる。

 午後2番目はA会場の「環境放射能・モニタリング2」をオンライン視聴した。

 2A08では行動経路から被ばく線量を推定するスマホアプリを開発し、その性能を評価したものである。
 2A09から2A15までは森林中の放射能の移行状況を調査したものである。
 参考になりそうなのは、樹木内に取り込まれた放射性セシウムは経年と共に溶解量が減っている、とのことで、溶解成分が少なくなったものか、溶解成分が不溶解成分に変化したものと思われることくらいである。
 2A16はダムの底に溜まった放射性セシウムの調査を行ったもので、細粒粒子の放射性セシウムの捕捉率が70%と評価した。
 これによりダムの底の砂は豪雨等により下流に流れて行き、線量率を上げる要因になりそうな気がした。
 2A17では川底の放射性セシウムの濃度を測定し、懸濁物質が放射能濃度に影響する、という結果であった。
 2A18では土砂流出モデルのGeoWEPPを用いて、放射性セシウムの分布を計算して、マップにまとめたものであった。
 2A19は日本杉の放射線による被ばくを線量測定モデルを使って評価したものであった。

 以降も同じように、順に書いていきたいと思う。

 -以上-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント