原子力学会秋の大会オンライン参加-発表内容の説明等(その3)

 2020年原子力学会・秋の大会はオンライン開催となった。

 今回は(その3)として、第2日目午前の部分について書く (その1)(その2)を見た人は下記の部分を飛ばして見てください。

 プログラムから学会で興味があった内容についての内容等の説明をしてみる。

 期間は2020年の9/16(水)~9/18(金)の3日間であった。
 今回も福島事故関連を主として聴講した。
 聴講スケジュールは以下の通りとした。

 9/16(水) AM1  AM2    PM1    PM2      PM3      
   J核セキュリティ    D新検査制度 A放射線測定  J 安全文化
 9/17((木))
   A環境放射能      Bコロナ対応 A環境放射能  A環境放射能
 9/18(金)
   A環境放射能    Bグランドチャレンジ A 環境安全   

 AM1は10:30-11:00くらいにある発表、AM2は11:00-12:00くらいにある発表である。
 PM1は13:00-14:30にある特別セッション、PM2は14:45-16:00くらいにある発表、PM3は16:00-17:30 くらいにある発表時間帯である。

 各テーマについて整理してみる。

 第一には、福島事故関連の情報収集である。
 第二には、私が研究している核変換技術の情報収集と共同研究グループとの連携の検討であるが、今回はそれに該当するものはなかった。
 第三には、教育、といっても私の研究の後継者探しという面が強い。
 これはオンラインでは難しいものがある。
 第四に興味があるものの聴講、今回の場合はグランドチャレンジ(原子力委員会の岡委員長の原子力界に望むこと)である。
 その他として、トピックス的なもの(コロナ対応)もミーハー的に仮想聴講した。

 以下にオンライン聴講順にメモ程度に書き留めていく。

 長々と見たくない人は末尾にまとめを書いておくので、それだけみればいいかもしれない。
 今回は9月11日に予稿集ダウンロード、9月16日に開催、と検討のための期間が短かった。
 ほとんどプログラム自体もエイヤーと決めたこともあって、あまり考えもせずに、A会場が福島事故関連だったので、これを多く聴講した。

 第2日午前はA会場の「環境放射能・モニタリング1」をオンライン視聴した。

 2A01では「福島における放射性物質分布調査 (1)原子力事故後の中長期モニタリングの課題」というタイトルで、JAEAの斎藤氏が発表した。
 福島原発事故において、中長期モニタリングの結果についてはまだ国内外で確定していない。
 ここでは中長期モニタリングの課題として測定技術に焦点を当て、環境影響の包括的な評価、大規模な長期モニタリング、環境修復の判断等に役立てる。
 測定手法として、定点モニタリング、走行サーベイ、歩行サーベイ、無人ヘリ、等を用い、測定視野の広い無人ヘリは短時間で多く測定できるが、精度が落ちる。
 測定範囲としては、定点で6500点で18.4㎞2で誤差0.2%、歩行サーベイは20万点で296km2を測定し、誤差3.6%であった。
 (走行サーベイと無人ヘリの誤差は聞き逃した。)
 80㎞圏内の線量率の変化、土壌沈着、サンプル採取、可搬型Ge検出器による測定等を行って行く、と説明した。

 2A02では「福島における放射性物質分布調査 (2) KURAMA-IIの開発の現状」というタイトルで、京大の谷垣氏が発表した。
 これは2A01との関連発表である。
 (筆者注:KURAMA-IIは福島県ですでにバス等の交通機関の中に搭載されて測定されている空間線量率計測装置である。過去にも何件も発表している。)

R2-10-22R1 2A02 谷垣氏 KURAMAシステムの概要 松浦電弘社HPより.jpg
         図1 KURAMA-Ⅱの概要(松浦電弘社HPより抜粋)

 今回の発表では、帰宅困難地域での見える化ロボットの開発を行っている
 ロボットに搭載されたKURAMA-Ⅱで土壌汚染密度などを測定できるものである。
 また、このKURAMA-Ⅱは発災直後からのモニタリングを行ってきた。
 それまでは線として測定してきたものを面的に測定する目的で、小型軽量のKURAMA-Ⅱを開発している。
 移動しながらネットワークでマッピングする上で、利用するクラウドの改良やデータベースの構築を行っている。
 UI(ユーザーインターフェース)としての地図はGoogleから国土地理院に変えた。
 原子力規制庁発行の放射能測定法シリーズにも収録されている。
 鳥取県の環境測定にも用いられている。
 地下の見える化、土壌汚染の可視化にも取り組んでいる。
 トラクタにKURAMA-Ⅱを搭載して、土壌化学データを取り込む。
 これをリアルタイムでスマホで見られる。
 土壌汚染密度の測定ではトラクタの前面につける。
 換算係数の決定、ムラの補正等を行う。
 発災直後のモニタリングでは可搬型モニタリングポストを開発している。
 従来のものの可搬型のKURAMA、超小型KURAMA等の開発も行っている。
 ソニーのSpresense相当の機器を用いて消費電力を抑えて、自律型ネットワークシステムの構築を目指している、と説明した。

 2A03では「福島における放射性物質分布調査 (3)道路上で測定した線量率と放射性セシウム沈着量の関係」というタイトルで、新潟大学の後藤氏が発表した。
 (筆者注:この測定機器ASURAも過去に何回も発表している。6 台の CsI 検出器(自動車進行方向に対して前後左右上下の6方向に向けている)が設置され、測定方向以外は厚い鉛遮へいされている。KURAMAは簡易型、ASURAは重装備といえる測定機器である。)
 指向性がある自動車走行サーベイシステムASURA(アシュラ)を用いて避難指示が解除された双葉区域などで測定した線量率と放射性セシウム沈着量の関係について報告する。

R2-10-22R1 2A03 後藤氏 ASURA概要.jpg
         図2 ASURAシステムの概要

 沈着量は1mの高さで80%測定できる。
 広い空間での線量率と沈着量を測定するために、道路の走行サーベイを実施した。
 セシウムは除染作業で道路から除去されている。
 でも周囲の土は汚染している。
 福島県の双葉町の放射線の避難指定解除の地域で測定を行った。
 ASURAは自動走行システムで自動車の荷台に乗せている。
 分厚い鉛遮へいした6台の検出器で構成しており、遮へいなしの検出器もつけている。
 シミュレーションの結果からは自動車の下で何Bq/cm2かがわかる。
 狭い範囲の測定となる。
 2020年3月に双葉での測定を行った。

R2-10-22R1 2A03 後藤氏 ASURA測定.jpg
         図3 ASURAによる測定状況

 常磐自動車道では1~2μS/hであり、セシウムの沈着量は常磐自動車道ではほとんどなかった。
 国道6号線の沈着も低レベルであった。
 道路舗装をやり直したことによると思われるが、一部で高い線量のところもあった、と説明した。

 2A04では「福島における放射性物質分布調査 (4)無人ヘリ搭載ガンマカメラの改良」というタイトルで、JAEAの志風氏が発表した。
 上空から広範囲を迅速に放射性セシウムの汚染状況を確認できる手段として、無人ヘリに搭載可能なコンプトンカメラ方式のガンマカメラを開発してきた。
 今回は補助的なデータ記録機能を複数追加し、大熊町で測定試験を実施した。
 本測定システム及びデータ解析手法の改善点について報告する。
 今回、姿勢角センサー、レーザー距離計、温度センサー及び小型カメラをガンマカメラ測定システムに追加して機能増強した。
 また、地上局で飛行位置における計数率の強弱を地図上に表示してモニタできるソフトウェアを新たに開発した
 それらの機能を評価するため、福島県大熊町の大野駅近くにおいて測定を行った。
 無人ヘリに改良したガンマカメラシステムを搭載し、事前に行った地上値測定で判明したホットスポットを含むエリア(約75m×50m)を櫛形に飛行する測線フライト(5m間隔で11 測線、速度1m/s)を上空約16.4mから約15 分間(910秒間)で実施した。
 また、ホットスポット付近の上空約20m でホバリングフライトによるガンマ線画像撮影の測定を約1 分間(78 秒間)及び約15 分間(928 秒間)の2 回行った。

R2-10-25R1 2A04 志風氏 空間線量率測定評価.jpg
         図4 空間線量率マップの例

 測定を行い、高度補正して線量換算マップを得て、またホバリング測定から、ガンマ線強度分布の再構成画像が得られた。
 分布マップと地上測定の比較を行った。
 18μSv/h以上のところでは、相関が悪い結果が得られた。
 またホバリングデータでは15分データは1分データより分解能が劣化した、と説明した。

 2A05では「Investigation on distribution of radioactive substances in Fukushima (5) Bayesian Hierarchical Methods for Spatiotemporal integration of Radiation Air Dose」(福島の放射性物質分布調査 (5)空間線量率被ばくの時間及び空間の統合に関するベイズの階層的方法)というタイトルで、ローレンスバークレー国立研の村上女史が発表した。
 ベイズの統計手法を用いた研究である。
 福島の空間線量率データは9年間の膨大なものがある。
 村上女史は核兵器工場跡地の研究もやったことがある。
 安全かどうかの判断をした。
 福島では線量率データの統合が必要である。
 歩行サーベイや走行サーベイ等のデータを統合しないといけない。

R2-10-25R1 2A05 村上女史 被ばく評価.jpg
         図5 空間線量率の整理結果

 空間的・時間的な統合を行い、2014年以降に対数的な減少となる、と説明した。
 (ベイズの統計手法をよく理解していなかったので、意味不明なことが多かった。)

 2A06では「福島における放射性物質分布調査 (6)旧・現避難指示区域の木造住家での線量低減係数の経時変化」というタイトルで、東北大学の吉田女史が発表した。
 福島における木造家屋の空間線量率に関するものである。
 この空間線量率から人の被ばく線量評価を行う。
 1日の約70%は自宅屋内にいる。
 住家の被ばく線量のキーポイントになる。
 線量低減係数RFをどう決めるか。
 国際原子力機関IAEAではRF=0.4と定めている。
 事故直後の中央値は0.43であった。
 その後線量分布が広がっている。
 山側斜面の影響があるのではないかと思う。
 ここでは、2012~2015 年に除染前、2013〜2014年に除染直後の測定を行った飯舘村、南相馬市小高区、富岡町、浪江町の住家60戸での線量低減係数の経時変化を報告する。
 各地域でγ線スペクトル測定を行った。
 建屋の真下は非汚染である。
 家の中心から5,6m離れると影響はなくなる。
 除染の影響もある。
 家の近くではやっている。

R2-10-25R1 2A06 吉田女史 空間線量率測定評価.jpg
         図6 空間線量率と線量低減係数との関係

 0.6μSv/h以上のところではRF=0.4で、0.6μSv/h以下ではRF=0.4は妥当でない、と説明した。
 (参加者<オンライン視聴者>56名)

 2A07では「福島における放射性物質分布調査 (7)家屋周囲の空間線量率の連続モニタリングによる遮蔽係数の検討」というタイトルで、JAEAの金氏が発表した。
 家屋周りの空間線量率分布の特徴を明らかにし、家屋の線量低減係数を求めるのは帰還住民の外部被ばく評価において重要な情報源になる。
 ここでは、空間線量率の連続測定が可能なγプロッターを利用し、得られた家屋周囲の空間線量率分布情報を基に線量低減係数を求めた。
 10㎝と100㎝の高さで歩きながら測定した。
 飯館村の木造家屋を2019年6月に測定した。
 家屋の中では1~1.2μSv/hであった。

R2-10-25R2  2A07 金氏 空間線量率測定評価.jpg
      図7 家屋周辺の空間線量率測定状況

 線量低減係数は0.8~0.34であった、と説明した。

 ここで2日午前中の発表は終了した。

 午後1番目はB会場の「目に見えない脅威にどう対処するのか?新型コロナウイルスと放射性物質」をオンライン視聴した。

 2B_PL01では「(1) COVID-19 から原子力災害へ」というタイトルで、東京慈恵会医科大学の越智女史が講演した。
 2つには共通の課題がある。
 共にCBRNE*に含まれる。
 (*筆者注:CBRNE(シーバーン)はC(chemical):化学剤による大規模災害や毒劇物化学兵器による災害、B(biological):細菌やウイルス感染症のパンデミックや病原微生物等生物兵器による災害、R(radiological):原発事故など放射性物質の関与する災害や核・放射能兵器による災害、N(nuclear):核兵器、E(explosive):高性能爆薬等爆弾を使ったテロや爆発による災害などの頭文字を組み合わせた言葉である。(福島医師会報より抜粋))
 目に見えないハザードで、社会がパニックに陥っている点が共通している。
 ハザードばかりが注目されて災害という認識がない。
 災害時には社会のキャパシティが支えられない。
 英国では気温30℃で鉄道がストップする。
 災害時のキャパシティが破綻する。
 これは根性では乗り越えられない。
 科学の前提は理想環境としている。
 ○○が足りない、○○で困っている、こんなことができない、と災害は科学で解決できない。
 福島原発事故後の健康被害、精神的なストレスは放射線によるものか、風評被害によるものか。
 現行の深層防護はまだ不十分である。
 SA(過酷事故)想定はされているが、技術面に限定されている。
 避難、風評は技術では防げない。
 Covid-19(コロナ)も同じである。
 マスコミのインフォデミック(パンデミックは疫病の世界的な流行で、これにひっかけた情報による混乱のこと)がある。
 科学の隙間を埋める必要がある。
 感染者を差別しない環境、風評撲滅が必要であり、そのためには災害時コミュニケーションが必要になる。
 科学主義や専門家依存は福島原発事故後の甲状腺検査でもあった。
 住民の不安に応えるために開始した。
 そもそも科学的でなく、社会的な検査である。
 安心を得るためではあるが、いじめや差別にもつながる。
 この検査を今後も続けるべきかどうか。
 目標設定が最初から、ない。
 行動や政策に科学依存がある。
 PCR検査の是非も問題である。
 正解はない。
 正解追求の議論はある。
 福島は危険か。
 PCR検査は?
 ネットで検索しても正解は見つからない。
 気に入る回答が出てくるまで続ける。
 インフォデミックが起きやすい状況が生まれる。
 官僚制合理主義は日本的である。
 人生の勝ち組の専門家に聞く。
 リベラリストは日本政府がロックダウンしないことを批判する。
 コミュニケーション軽視がある。
 福島に行くべきか。
 8割の行動制限をするべきか。
 甲状腺検査を続けるべきか。
 リスクは主観的である。
 「安心」だけでなく、「安全」も人によって異なる。
 国際標準化機構ISOの安全の定義がある。
 安全とは「 許容できないリスクがないこと」 である。
 リスクと穢(けが)れの混同による儀式化が日本では過去に行われてきた。
 死体に触れると30日間隔離する。
 しかし白骨には穢れはない、とした。
 ある種の対策が行われてきた。
 災害時に強まる「お祓い」文化がある。
 自分以外を排除することによる安心感がある。
 PCRの感度は高くない。
 他害のゼロリスク信仰がある。
 ウィルスは人にうつす。
 肥満やうつも伝染する。
 他害リスクは原子力政策にもある。
 リスクコミュニケーションが重要である。
 リスクコミュニケーションの3つの背景に、穢れ文化、官僚制合理主義、科学偏重がある。
 災害に責任の所在はない。
 すべてのリスクにおいて、すべての人が責任を持つ。
 リスク「祓い」の儀式をなくす必要がある。
 科学主義からの脱却が必要である。
 災害対策としてのリスクコミュニケーションが必要である。
 原子力の学びをコロナ対策に活かすべきではないか、と説明した。

 2B_PL02では「目に見えない脅威にどう対処するのか? -新型コロナウイルスと放射性物質―(2)リスクリストと選択肢リスト」というタイトルで、東京大学の山口氏が講演した。
 目に見えない脅威として、コロナと原子力がある。
 脅威についてどう対処するか。
 グテルによると、人類が絶滅する6つのシナリオがある。
 スーパーウイルス 、大量絶滅(食糧危機?)、気候変動、生態系の均衡、生物兵器、暴走するAIのようである。
 グローバルリスクの確からしさと影響度を考慮しないといけない。
 原子力のリスクリストを挙げると、地震、小LOCA(冷却水喪失)、換気喪失等がある。
 リスクリストは1回目、2回目、- - -と、設計で改善していく。
 感染症のリスクリストではスぺイン風邪、ペスト、SARS、MERS、エボラ出血熱はあったが、Covid-19(新型コロナウイルス)はなかった。
 感染症はグローバルリストが必要になる。
 原子力の事故対応の選択リストでは、出力急減、代替注水、減圧自動化、除熱機能向上、電源融通等がある。
 Covidの選択肢リストでは、2月のダイヤモンドプリンセス号、3月の対処方針、水際対策による感染防止、等があった。
 不確かな脅威に対処するには、脅威の理解とリスク評価、重要度の判断、適切な対策、効果の見直しが重要となる。
 本当の脅威とは何かを知ることが大事である、と説明した。

 2B_PL03では「目に見えない脅威にどう対処するのか? -新型コロナウイルスと放射性物質-(3)一般公衆のリスク対応」というタイトルで、関西大学の土田氏が講演した。
 Ambiguity(曖昧さ、多義性)、Intolerance of ambiguity(曖昧への不寛容)という言葉がある。
 先端的な知識が必要な問題については、専門家以外はよくわからない。
 防災はコミュニケーションが必要である。
 リスクコミュニケーションでは単純な情報、複雑な情報、不確実な情報、多義的な情報の4種類がある。
 今のコロナは多義的な情報にあたる。
 穢れを祓えないとわかると、人はパニックになる。
 安全は許容できないリスクのないこと、とISOの定義がある。
 ALARA(as low as reasonably achievable)基準で、経済的、人的、時間的な制約の中でできることをやる。
 How safe is safe enough ? (どうすれば十分安全と言えるようになるのか)
 感染症や放射線は専門家や行政に判断を委ねる。
 彼らを信頼しないと群衆行動になる。
 説明への納得が必要になる。
 心理的なストレスから生じやすい行動として、不安の高まり、危険に対する過敏、自粛警察、対処法、不安を探索する。
 繰り返すとストレスは増加する。
 危険が明確だと逃げる。
 危険を否定する。(コロナは風邪だ)
 危険を肯定する。
 コロナは自己管理できる。
 放射線・RIは公衆にとって管理できない。
 行政等に安全を要求する。
 でも安全というのは定義しにくい、と説明した。
 (オンライン視聴者125名)

 この後総合討論となった。
 司会は新会長の中島氏が行った。
 以下はメモ書きしただけなので、誰が発言したかは不明であるが、順に書いていく。

 コロナも放射線もどちらも目に見えない。
 経済と感染対策を両方考えないといけない。
 コロナ報道はあるし、感染症専門家が多く出てきて色々な意見を言う。
 福島の情報は発信してきたつもりである。
 災害横断的な発想はなかった。
 リスクは米宇宙開発から始まった。
 今リスク学会に原子力関係の人は出てこない。
 コロナが出てきた時に、これは差別が出るな、と感じた。
 PCR検査を増やした。
 これは疑わしい例も出るな、と福島の経験から思った。
 発信する場がなかったかもしれない。
 日本はトップを信頼できていない。
 北朝鮮が日本に核ミサイルを撃つ危険性が指摘された時に、なぜ放射線教育を組み込まないのか。
 運転している時にエンジンのベアリングのことを考えているか。
 米国は一般向けにサイトを設けている。
 リスク学会の幽霊会員がここにいる、と告白。
 正しいことを発信すれば一般に理解してもらえる、というのは福島事故前までの話である。
 白か黒かを決めるのがディベート、決めないのがディスカッションである、として討論は終了した。

 何も関係ないが、ここでシャープのプラズマクラスター型空気清浄機によるコロナ殺菌の概要を示しておく。
 シャープの静電気式空気清浄機の原理としては、空気中の微量の水分を静電気でイオン化して、アルコールと同様な成分を作り、これによるコロナウィルスの殺菌(専門的には不活化という)が行える、とするもので、すでに2004年に報道発表していた。(多分SARSかMERS用)
 2020年9月に再度新型コロナウイルスにも効果がある、とした報道発表を行っている。
 WHOも接触感染、飛沫感染の他に空気感染も否定できない、とする見解を今年7月に発表している。
 もし感染経路不明の感染がこの空気感染またはエアロゾル感染と仮定するなら、この静電気式の空気清浄機はコロナ対策の有効な武器となる。
 世界中で起きつつあるコロナ第2波、日本にも今年の冬に来るであろう第2波に対する有力な防御手段となり得ると思う。

R2-10-25R1 2B_PL04 コロナ殺菌.jpg
         図8 静電気式空気清浄機の殺菌の原理

 今回は2日目午後1番目の発表までとする。

 今回(その3)を以下に簡単にまとめる。
 午前はA会場の「環境放射能・モニタリング1」をオンライン視聴した。
 2A01では福島における放射性物質分布調査の概要説明で、福島原発周辺の80㎞圏内の空間線量計等を測定する予定である。
 2A02はこの空間線量計の汎用測定装置KURAMA-Ⅱで、土壌汚染の可視化、小型化等を行っている。
 2A03は2A02と違うタイプの空間線量率測定装置ASURAで、車載型で福島県双葉町の周辺道路を測定した結果を発表していた。
 2A04は無人ヘリに放射性セシウムの汚染状況を確認できるガンマカメラを搭載したシステムを使い、福島県大熊町で測定を行ったものである。
 2A05はこの9年間で福島県の広範囲の空間線量率データがあるのを、ベイズ統計手法を使って整理したものであった。
 2A06と2A07は共に福島県の木造家屋での空間線量率と被ばく線量の遮へいによる線量低減係数に関する研究であり、IAEAのRF=0.4との比較を行い、妥当な部分とそうでない部分があるようであった。

 午後1番目はB会場の「目に見えない脅威にどう対処するのか?新型コロナウイルスと放射性物質」をオンライン視聴した。
 2B_PL01では原子力災害から得たへ」という学びをコロナ対策に活かすべき、とのことだった。
 2B_PL02では原子力の事故対応の選択肢リスト、コロナ対策における選択肢リスト案を提示しながら、本当の脅威は何かを知ることが大事と説明した。
 2B_PL03では、コロナにしても放射線にしても不安な心理になると、肯定的な対応、否定的な対応等いろいろ出てくる。 
 でもコロナは自己管理できるが、放射線は事故管理できないので、行政に安全要求するしかない、と説明した。

 総合討論では、せっかく福島原発事故での経験があったのに、コロナ対策においてそれが活かせなかったのは学会の発信力が弱かった、との自己反省はあったが、ではどうすればいいかは残った気がする。

 以降も同じように、順に書いていきたいと思う。

 -以上-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント