高校の同窓会に出席

 高校の同窓会(7/15(月):海の日)に出席した。

 今年5月16日(木)に高校の同窓会の案内が来た。
 前回は10年前くらいだったような気がする。
 その時はまだ会社員であり、わざわざ岡山まで帰って出席、というのに抵抗があって欠席した。
 今回は少し意味が異なった。

 前立腺がんの放射線治療が終わったばかりであり、治療終了間際の血液検査の結果も芳しくない状況であった。
 今回出席しないと、もう同窓会には出席できないかもしれない、高校時代の私はそれなりに輝いていたように思うので、その思い出を確認するのもいいかもしれない、一期一会、等を思った。
 開催日を見ると、7月15日(月)であるが、海の日で休みである。
 日帰りで参加する予定で、出席の返事をハガキで出した。

 ところが6月末に兄より手紙が届いて、ちょっとしたトラブルが田舎で起きたらしいことがわかった。
 そこで急きょ兄の家に一泊してトラブルの状況を聞くことにしようと思い、兄に連絡して了解してもらった。

 当日朝は雨が降っていた。
 ビニール傘を持って行った。
 ペットボトルのお茶500mlを買って、朝6時17分の「のぞみ」に乗った。
 これで後は岡山までのんびりできる、9時半過ぎに岡山到着なので、11時受付開始では楽勝で、どこで時間をつぶそうかと思っていた。
 同窓会のスケジュール概要は末尾に添付する。

 ところが品川駅で「のぞみ」が停車してしまった。
 車内放送によれば、昨夜より熱海で行っていた工事が延びて、しばらく動かないという。
 確か30分くらい停車、とのことだったと思う。

 すぐ横には朝6時発の「のぞみ」も停車していた。
 お急ぎの人は6時発の「のぞみ」に移動してください、というアナウンスもあった。
 私の隣の人は京都で会議があるというので、すぐに降りて6時発の「のぞみ」に移動した。
 私はまだ時間に余裕があるから、このまま乗って行こうと思った。

 でも結局動いたのは40分後であった。
 これで10時過ぎの到着となるから、時間としてはちょうど到着するくらいの時間になる。
 大阪まで順調に来て、そこでまたアナウンスがあった。
 神戸の近くで、前方の車両が車と接触事故だったか、緊急停止信号ボタンが押されたかということかは忘れたが、その確認のため、しばらく停車する、とのことだった。
 何と1日の新幹線で2度のトラブルに遭遇する、という経験をしてしまった。

 この時になって、自分の危機管理の甘さを自覚することになった。
 そもそもこの同窓会では、送られた資料に幹事2人の携帯電話の番号が書いてあった。
 つまり、こうしたトラブルに備えて、この幹事2人の携帯電話を当然スマホに登録しておくべきであった。
 会社員時代の出張の時には、相手先の電話番号の登録は当然行っていた。
 それを退職して数年で、そういう危機管理をすっかり忘れていたのである。
 また、品川駅で6時発の「のぞみ」に乗り換えておけば、もう少し時間に余裕ができたはずであり、ひょっとしたらこの大阪駅のトラブルには遭遇しなかったかもしれない。
 万一このままずっと動かなかったら、無断欠席になりかねないと思っていた。

 幸いなことにここでも約40分くらい停車して、結局合計で1時間半くらい余分にかかって、10時半過ぎに岡山駅に着いた。
 確か特急券の払い戻しは以前は1時間遅れだったが、何時頃か2時間遅れに変わったと思ったので、払い戻しは考えなかった。

 後は山陽本線の下りに乗ればいいと思ったが、それがよくわからない。
 浦島太郎状態である。
 多分山陽本線の下りと思われる電車に乗った。
 最終停車駅(〇〇行)の名前には馴染みがなかった。
 もし山陽本線の上りに乗ったとすると、また遅刻の怖れがあると思ったが、何とか倉敷駅に着いた。

 ここから倉敷アイビースクエアまで徒歩20分と予め調べておいたので、迷わずタクシーに乗った。
 会場には11時少し過ぎていたが、到着できた。

 倉敷アイビースクエアR1 gate R1-8-4.jpg
         図1 倉敷アイビースクエアの様子(アイビースクエアのHPより)

 案内所みたいなところで、同窓会の場所を確認し、そこに行った。
 途中でダンスのドレスを着た女性何人かとすれ違ったので、このアイビースクエアでダンスの大会が行われているようであった。
 同窓会会場に着くと、各組別に受付が分かれていた。
 私は3年8組であったので、8組の受付のところに行った。
 約50年前に見た同窓生の50年後の姿を数人みた。
 覚えている顔もあれば、ほとんど記憶のない人もいた。

 私は高校時代は入学時背が低く、前から1番目か2番目であった。
 確か158㎝だった。
 だから、中学時代に所属していた器械体操はしなかった。
 背が低いのは器械体操のせいだと考えていたからである。
 しかし、この会場では器械体操部に入っていたH氏と会った。
 私は器械体操部に所属していなかったが、時々運動していたのか、H氏とはここでよく話をした。

 しばらく話していると、記念写真を撮るというので、中庭に移動した。
 総勢100人くらいが集まり、集合写真を撮った。
 全部入るかと心配したが、今のカメラは大丈夫とのことだった。
 同窓会の司会は元サッカー部のO氏と思うが、最初は別の人の予定だったらしい。
 その司会はM氏といって、私とも結構ウマがあったので、今回も彼と話ができる、と思ったが、事前に親戚に不幸があった、とのことで、欠席であった。

 校歌斉唱では、毎朝近所の公園まで散歩する時に、騒音がある場所で校歌を歌っているので、1番と3番は歌詞なしで歌えた。
 2番もほとんど歌えそうだった。

 恩師の紹介ということで、4人の先生が来られていた。
 私はそのうちの一人のW先生に、後であいさつに行った。
 W先生は私が唯一反抗期の相手をしてもらった先生で、卒業時に確か謝っておいたと思う。
 家では反抗できる状況ではなかったので、学校で一番信頼できると当時思っていたW先生にのみ反抗していた。
 W先生はその訳がわからなかったようであったが、卒業時に理由を話して納得してもらえた。
 このW先生は1年時の担任であったが、後で1年時のメンバー何人かと記念写真を撮った。
 
 1年の時はいろんな中学から生徒が集まっていて、まだ周りの人が何者かよくわからない時の仲間たちである。
 その分、みんなお互いのことを知ろうと努力していたので、一番よく皆の顔を覚えている。
 また、会場であった人の中でも一番よく話したかもしれない。

 その頃の私は158㎝で一番背が低かったが、高校卒業時168㎝、大学で173㎝になっていた。
 現在もこの身長なので、1年の仲間は私が背が高いのにびっくりしているようであった。
 
 クラス集合・自己紹介では、会社を退職していること等を説明した。
 後で、元の会社との関連がある会社のW氏が名刺を持ってきて、しばらく話した。

 また、私は高3では理系クラスであり、クラスの中で女性は3,4人しかいなかった。
 その中の一人のH女史と話した。
 H女史は旧姓のままだったので結婚していないのかと思ったが、離婚したようであった。
 H女史は今放射線科医とのことで、放射線治療のこと等を話した。
 この時にテーブルの周りにいた人等数人で写真を撮ったが、H女史が後でその写真を送ってくれた。

 「懐かしい歌を歌おう」では「あの素晴らしい愛をもう一度」を皆で歌った。

 閉会後にネームプレートを返し、約100人が写った集合写真をもらった。

 アイビースクエアの門で兄が迎えに来てくれることになっていたので、そこで待っていた。

 すると今年2月に「顔真卿展覧会」を一緒に見に行ったK氏と会った。
 彼氏とも話をしようかと思ったが、先に兄と約束していたので、しばらくそこで話をしていた。

 すると兄がやってきたので、K氏と別れて、兄の家に行った。
 兄の家でもいろいろ込み入った状況があるようであり、私はその状況だけを多少詳しく聞いた。

 また兄はγGTP(肝臓の健全度を示す値)が100を超えているようで、今その数値の低下に努力していた。
 私も兄からその話を聞いて、自分の場合はどうかと人間ドックの数値を確認していた。
 私の場合、今までずっと20くらいで推移している。
 休肝日ゼロの兄と、休肝日4日(金土日の3日のみ飲み、1回に350mlの缶ビール1本のみ)では比較以前の問題かな、と思う。

 翌日は近くのJR駅まで送ってもらい、岡山駅を経由して、「のぞみ」で東京に帰ってきた。

 幸いにもその後の血液検査でPSA値が4から3に下がり、次回の同窓会にも出席できる可能性が少し出てきた。

 これからも身体を節制してPSA数値の低下に心掛け、いろんな行事に参加していきたいと思う。


<高校同窓会>
 1.日時:2019年(令和元年)7月15日(月)12:00~15:00
 2.場所:倉敷アイビースクエア
 3.スケジュール
  11:00受付開始
  11:40写真撮影
  12:00開会あいさつ
      報告
      物故者・黙とう
      校歌
      来賓恩師の紹介
  12:20乾杯
      歓談
  12:50クラス集合・自己紹介 1~5組
  13:10バンド演奏 
  13:40クラス集合・自己紹介 6~8組
  14:00歓談
  14:45幹事紹介
  14:50懐かしい歌を歌おう
  15:00閉会のあいさつ
    -以上-

この記事へのコメント