一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間ドックの受診結果とその対応等

<<   作成日時 : 2018/07/15 14:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年も例年通り人間ドックを受診した。

 ただ例年は7月に受診していたが、この時期に朝から水分摂取なし、朝食抜きの状態では熱中症の怖れもあるため、今年は1か月早めて6月13日(水)に受診した。

 義父宅から帰って来た今月の10日にその結果資料が届いていた。
 その結果が再検査要のD判定が2つあった。
 一つは前立腺肥大で、これは前からのものである。
 しかし今回はPSA値が危険値の4ng/mlを超えて7.76であった。
 他にもDがあった。
 胃と十二指腸の間に隆起性病変がある、とのことで、内視鏡検査(胃カメラ)を勧められた。

 片方は前立腺がんの怖れがあるし、片や母の胃がんを思い出せられ、ぞっとした。

 人間ドックを受診した病院に再検査依頼を問合せた。
 1度は来院して医師の問診を受け、その上で再検査の日程を決める、とのことだった。
 仕方ないので、7月12日(木)に朝から病院に行って内科を受診した。
 次の日の7月13日(金)PMに泌尿器科を受診した。
 泌尿器科は月曜のAMと金曜のPMに外部から先生が来ており、それ以外の日はやっていないので、連続して出かけるのは嫌だったが、こと健康に関しては手遅れというのが一番怖いことなので、仕方ないと思った。

 7月12日については、先生はH医師で、例年この先生に人間ドックの問診を受けている気がしている。
 確か人間ドック当日に簡単な検査結果説明もこのH医師だった気がする。

 昨年とのデータ比較、今年の造影検査結果を見ながら、内視鏡検査を受けるかどうか聞かれたので、受けると答えると、後で看護師の人と検査日時を調整するように、と言われた。

 7月13日に再度病院に行き、問診の時にM医師に7年前に会っているのだが、と言われて、そんな前のことは覚えていない、というようなことを言った気がする。

 この日は、尿の出方のデータを取るということで、尿を出している状況を音で記録していた。
 その後に膀胱辺りに計測器を押し当てて、尿の残量をチェックしていた。

 この2つの測定を終って、再度問診を受けた。
 どうも尿の色が悪いという。
 その日の午前にボーリングクラブでボーリングをしたが、そのせいで茶色の濃い尿だったのでは、というと、違うという。
 膀胱炎になっているおそれもあるから、1週間抗生物質を飲んで、8月に再度来院するように、とのことだった。 その前に8月初めにMRIも撮っておくように、ということで、再度看護師の人と日程調整した。

 その結果、下記の(1)から(3)の3つを予約した。

  (1)胃と十二指腸の病変の疑い:7/18(水)AMに内視鏡検査(胃カメラ)
  (2)前立腺肥大:8/13(月)AMにMRI検査&血液検査
  (3)前立腺肥大:8/18(金)問診(結果判定)

 まだ結果はわからないが、前立腺肥大は前立腺がんと直接は関係ない、と言われ、PSA値が高いのは膀胱炎ではないか、という予想に、ちょっと気分が楽になった気はする。

 以下はその過程を長々と書いていく。
 読むのが面倒と思う人は診断結果のいくつか載せるので、それらのグラフをちらちら見てもらえればいいと思う。

 今年も人間ドックを受診しようと思い、4月16日(月)にいつも行っている病院に電話した。
 いつも受診1か月前に連絡すると、1か月後にやっと検査日というように、人間ドックの予約がかなりあるようで、今年は2か月前に電話して、6月の人間ドック状況を聞いた。
 その結果、今年は6月13日(水)受診となった。
 人間ドック受診で、つい大学時代の友人U氏が昨年がんで手術したという年賀状をもらっていたので、そのことも気になり、共通の友人のO氏にメールで、U氏の病状について問合せた。
 その結果、今は良好で、この間一緒にゴルフにも行った、との回答が返ってきて、こちらもちょっとほっとした。

 昨年の人間ドックについては、2017/9/03のブログに書いた。
  http://hitotsunoishi.at.webry.info/201709/article_1.html

 6月に義父宅から戻ると、人間ドックの案内資料一式が来ていた。
 まず問診票に今の健康状態を記入した。

 この問診票の中には親族の病歴の記入があり、私は母方祖父の心臓病、父の脳腫瘍、母の胃がん、兄の慢性胃炎を書いた。
 病気に関しては遺伝的な影響もあるらしいので、こういう時に一族の血のつながりを意識する。
 息子にも娘にも私の系統の病気、亡妻の系統の病気等について話しておかねばならない。
 若いうちは関係ないが、40代以降に身体の異常は増えてくるし、その時に自分の血統というものを自覚するものかもしれない。
 妻の系統は東北人特有の高血圧系で、家内も義父も共に高血圧の薬を飲んでいた。
 私は低血圧系なので、子どもたちはどちらに似たかで将来の病気の予測につながるかもしれない。

 前日朝から検便を行った。爪楊枝みたいなものをウンチに突き刺してサンプルを取るのである。
 前日夜11時以降絶食であった。
 当日朝も同様にして検便を行い、家を出た。

 当日は天気がよく、水分が取れないのはちょっと嫌だった。
 検査の2時間前くらいまでは摂取可能とのことであったが、電車に乗っている段階でもう取れない。

 病院に8時半につき、受付で人間ドックで来所の旨を告げると、国民保険証を確認し、2階の受付に診察カードを提出するように、との指示があった。昨年と同じ手順である。
 2階で診察カードを出して待っていると、看護師の人が人間ドック専用の部屋に案内してくれた。
 質問票と検便を提出して、今日の予定について、A4の紙1枚に検査項目が書かれていて、その説明を聞いた。

 検査項目は身体測定(身長、体重、胸囲)、採血、腹部超音波、採尿、胃透視・胸部X線撮影、内科検診、外科検診(肛門検査)、視力・眼底カメラ・眼圧、聴力、心電図、肺機能である。
 去年も今年も検査項目の順番も記録しておいたが、この記録用紙を紛失したので、順番ははっきりしない。
 しかし、この記録用紙をチェックしていたので、全部の項目の検査を終ったのは確認した。
 また、世話してくれた看護師さんも全部終了した時点で口頭で確認してくれた。

 検査一式は11時頃に終り、当日わかる内容について簡単にH医師(?)より説明があった。
 この時に前立腺が以前より肥大していることを、ちらりと説明された。

 6月の終り頃に、病院から人間ドックの検査結果の報告書が届いていたらしい。
 義父宅から戻り、診断結果を見た。

 前にも書いたように、「PSA値がやけに高い」ということが気になった。
 胃の病変も母の胃がんのことが思い起こされた。
 ただ、すい臓に関してはすいのう胞ということが示されただけなので、少しほっとしていた。 

 一応人間ドックの結果で、体重、血圧、白血球、PSA、コレステロール、血糖値の結果のみを載せておく。

画像

          図1 体重の変化

 体重は徐々に増加しており、今72sぐらいであるが、学生時代から65sくらいがベストと思っていたので、今は7sくらいオーバーである。


画像

          図2 血圧の変化

 血圧も元々110以下の低血圧だったが、ここ最近は血管の硬化のためか上昇していた。
 しかし、今回少し下がって116であった。
 運動(朝の散歩と週1回のボーリング)の効果があったかもしれない。
 
画像

          図3 白血球の変化

 白血球は風邪さえひかなければ、大体平均値の中に収まっている。

画像

          図4 PSAの変化

 PSAは前立腺肥大の目安であり、今まで基準値4ng/mlを超えていなかったが、今回一気に7.76となったのでちょっと焦った。
 でも問診では膀胱炎等の場合にも、この値が上昇するらしいとして、ちょっとほっとしている部分もあるが、8月の結果次第である。

画像

          図5 コレステロールの変化

 コレステロールも基準値内とはいえ、徐々に上昇していたが、若干下がったのでほっとした。

画像

          図6 血糖値の変化

 血糖値も基準値上限の110mg/dlよりも低い101だったので、少し安心である。


 この他、人間ドックとは直接関係ないが、健康面でいえば、今年5月1日に腰痛が若干再発した。
 義父宅に移動する日で、ちょっとしたかがむ動作をした時に腰の左側部分がずきんと痛んだ。
 それから、1か月間は用心していたと思う。
 ボーリングを5月11日は休み、18日からそろりとほとんど負担のかからないような投げ方で投げていた。
 7月になって、やっと左右両手で投げられるスイッチボーラーの状況に戻った。

 また、歯の健康に関しても、右下部分の痛みが若干出てきており、7月11日(水)の定期検診で、ちょっと応急処置をしてもらい、様子をみることとした。
 
 健康は失ってみて初めてその大事さがわかる、とよく言われる。
 しかし、今回の場合、胃の病変、PSA高値という2つの懸案はまだ解決していないので注意深くみていきたい。。

 来年以降も人間ドックは続けていきたいし、また歯科検診も定期的に行い、内臓と歯の健康にも留意していきたいと思う。
       −以上−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間ドックの受診結果とその対応等 一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる