将棋電王戦について

 将棋で面白い対戦があったようである。

 それは将棋ソフトとプロ棋士の対戦である将棋電王戦である。
 今回が第2回ということであるから第1回はどうなのかと思ったら、第1回は米長邦雄永世棋聖と将棋ソフトの「ボンクラーズ」が対戦した1局のみらしい。
 この時は米長永世棋聖が指し間違えて負けたらしい。

 私が印象深く残っているのが、2007年3月21日大和証券杯特別対局で渡辺明竜王が将棋ソフトの「ボナンザ」と対戦したものである。
 この時、渡辺竜王が最後の最後でボナンザを即詰に討ち取ってかろうじてプロの面目を保ったが、ボナンザ恐るべし、という印象であった。

 4月21日の毎日新聞の1面に「人間敗れる 将棋電王戦」との見出しがあった。
 それで電王戦の結果を調べてみた。世界コンピュータ将棋選手権が昨年行われ、その時の1位から5位(5位が先鋒、1位が大将として第5局に登場)のソフトとプロ棋士の対戦が組まれたようである。
 以下はその対戦の詳細である。(将棋ソフトの3勝1敗1引き分け)

 第1局:阿部光瑠四段VS 習甦(しゅうそ) 2013-03-23  113手で先手阿部勝ち
 第2局:ponanza VS 佐藤慎一四段    2013-03-30 141手で先手ponanzaの勝ち
 第3局:船江恒平五段VS ツツカナ    2013-04-06 184手で後手ツツカナの勝ち
 第4局:puellaα VS 塚田泰明九段 2013-04-13  230手で持将棋(引き分け)
 第5局:三浦弘行八段VS GPS将棋 2013-04-20  102手で後手GPS将棋の勝ち

 第1局で使われた習甦のソフトは事前に阿部四段に貸し出されていて、コンピュータの弱点を研究されていたらしい。角替り腰掛銀で阿部四段が勝った。
 第2局目のponanzaは貸し出し拒否であったらしい。角替りの相左美濃囲いの戦いでponanzaが勝った。ponanzaは10台のコンピュータを使っているらしいし、開発者の山本氏は東大将棋部出身と開発者の中では随一の棋歴を誇るらしい。
 第3局でのツツカナはコンピュータが当日トラブルがあり、デモンストレーションに使っていたマシンを使った、とのこと。今回のマシンの中で一番貧弱なマシンらしい。
 しかし、その第3局の4手目74歩は定石にない1手である。飛車先のコビンを開ける手であり、練習試合でのプロ棋士の対戦では出たことがあるらしいが、公式戦では珍しい手であるらしい。角を交換して55角と打ち込めば有利な気もするがどうなんだろうか。
 第4局でのpuellaα はボンクラーズの改名によるもので基本的にはボンクラーズのようである。塚田九段が引き分けに持ち込んでホッとして泣いたとかいう話も伝わっている。将棋は相矢倉で途中まで塚田九段は角1枚で大ゴマが1枚足りないようであったが、相手の竜を金2枚並べ打ちで王手竜取りの手でかろうじて引き分けにした、というものであり、負け将棋を引き分けにしたのである。 
 第5局でのGPS将棋は東大の教員・学生6人のメンバーが開発したソフトで今回の棋戦で679台のパソコンやサーバーを使っていたらしい。将棋はやはり相矢倉で三浦八段が途中わざと狭いところに逃げてしまって詰まされた印象であり、インターネットで悪くみた感想では、三浦八段が話題作りのために負けたのでは、という意見もあった。
 私は息子と2人でこの棋譜を並べてみて、三浦八段の簡単な見落としとコンピュータの弱点を衝こうとして誤った、という2つの意見が出たが、真相は不明である。

 私もパソコンで「激指7」、ニンテンドーDSで「東大将棋」のソフト(旅行中に対戦を楽しんでいる)を使って対戦している。パソコンでのレーティング対戦(得点ランキングが対戦で勝つたびに増加して、ランクが上との対戦があり、負けると点数が減り、ランクが下がった相手ソフトとの対戦となる)で激指7は強く、10級は勝てるものの、1ランク上の8級相手ではトントン、もう1ランク上の6級は9割くらいが負ける。
 東大将棋では9割くらいが勝てるものの、時々負ける。また、以前は勝ちパターンが決まっているのでその通りに指すと勝てたが、最近は面白くないので、勝ちパターン以外の手を指している。そうなると負けが多くなる。
 コンピュータの終盤はさすがに強いが、負けの時は結構無茶な手を指すことも多く、コンピュータの不完全さを感じている。
 しかし、コンピュータを複数台使うと、プロ棋士さえも勝てない時代になったのか、と末恐ろしいことになったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ジャイアンツ、連敗!

    Excerpt: 昨日、日経新聞を読んでいたら、コンピュータ将棋の記事がのっていた。将棋のプロ棋士が、今回、コンピュータ将棋と勝負して、残念ながら、負け越してしまい、それも、A級棋士の三浦八段が敗れるのは衝撃的な出来事.. Weblog: 気ままな毎日 racked: 2013-04-30 09:50