将棋・竜王戦雑感

 将棋で第23期竜王戦が始まっている。

 最近はあまり将棋のことを書いていないので、少し書いてみる。

 今期の竜王戦の挑戦者は羽生善治名人である。
 羽生名人といえば、2年前に永世竜王の資格をどちらが取得するかで注目を浴びた一戦であった。渡辺竜王3連敗のあと4連勝と将棋界で唯一3連敗後の4連勝のタイトル防衛と共に初代永世竜王(通算5期保持)の資格を得たのであった。
 この将棋を見たいと思って日本将棋連盟のHPにアクセスして竜王戦のコーナーで棋譜を追って見た。

 第1局渡辺竜王先手で、角替りで棒銀模様で先手穴熊風であり、後手羽生名人が右玉の展開であった。渡辺竜王が飛車を成り込んで攻勢をかけて有利な情勢に見えたが、羽生名人の大局観が勝り、押し切った。

 第2局は羽生名人先手で相矢倉でまたも羽生名人の攻めが上回った結果となった。

 第3局は渡辺竜王先手で角替りで羽生名人が角で飛車と交換し、そのまま押し切った。

 第4局は羽生名人先手で相居飛車で角替りとなり、羽生名人の棒銀模様から一転銀冠となり、最終局面では渡辺竜王の2丁飛車が出現するが、それでも羽生王を捕まえられず、最終図では渡辺玉が打ち歩詰めの禁手による脱出が成功して渡辺竜王が勝った。

 第5局は渡辺竜王が先手の相矢倉であり、渡辺竜王が制した。

 第6局は羽生名人先手でやはり相矢倉となり、後手の渡辺竜王の飛車切りの強襲が成功して渡辺竜王が勝った。

 第7局は振りゴマで先手後手を決めることになっており、羽生名人先手であった。4たび相矢倉であり、5筋の微妙な攻防を渡辺竜王が制して防衛に成功したことがわかった。

 これで渡辺竜王は永世竜王の資格を得た。今回の第23期竜王戦前までに羽生名人と渡辺竜王は2001年以降の対戦成績が10勝10敗の五分であった。

 今回の竜王戦の第1局は渡辺竜王先手での横歩取りで後手羽生名人の85飛車戦法であり、渡辺竜王が端攻めを成功させて羽生名人を受け一方に封じ込んだものであった。
 この端攻めはとても渡辺竜王が自分で考えたものとは言いにくく、ひょっとしたらどこかの研究会で考案されたものを渡辺竜王が実行したように見える。気のせいかなあ。

 第2局は羽生名人の先手で相矢倉の最新形となった。9筋からの渡辺竜王の歩の突き捨てから歩4枚と桂で端攻めを敢行し、驚いたことに羽生名人はこの桂を馬と交換した。最終的には渡辺竜王の2丁飛車が羽生王を仕留めた格好になった。

 この2局を見ていると、どこかの研究会の手を渡辺竜王が指しているように見えてならない。気のせいかなあ。

 でもまだ勝負はこれからだし、素人の変な予想としては、今度は羽生名人の3連敗後4連勝で竜王奪取と同時に永世竜王獲得と同時に全タイトル永世称号獲得、というシナリオが一番劇的で面白いと思うのだが、さてどうなるだろうか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エリザベスG
2010年11月01日 07:58
ブログ 空と森と私と の腰痛記事にコメントくださりありがとうございました。
さっそく2009年3月22日付け腰痛予防の記事を拝読させていただきました。とても参考になります、就寝前にストレッチと腹筋を実行していますが、お薦めの骨盤回しも取り入れてみようと思います。個人差があるとは思いますが、これで治れば本当にお安くて嬉しいです。
本日の記事とは無関係のコメントで申し訳ありませんでした。

この記事へのトラックバック