原子力学会誌8月号の私的解説-国民の目線等

 久しくやっていなかった原子力学会誌の2008年8月号の私的な解説をしてみる。

 一番下に目次を載せておくので興味があれば参照してください。

 巻頭言は「柏崎刈羽原子力発電所を見学して」として京都大学総長・尾池和夫氏とある。
 京大総長が見学して意味があるのかと思ったが、専攻が地震学というので納得した。
見学のポイントは素人と違うのでどうか、と興味を持ったが、建物の内と外とを比べる、とのことであった。見学したのは約1年前の2008年2月らしい。
 結果としては原子力発電所の構造がしっかりしていることを確認し、専門家に地震の分析結果を早急にまとめて欲しい、と無難に言っているので少しがっかりしたが、あまり下手なことも言えないので妥当か?

 インタビューに「行動する学会をめざして」原子力学会会長・岡芳明氏 とある。
 中立的な学会が社会に信頼される情報を発信、という点に興味を持ったが、果たしてできるのか、ちょっと疑問には思うが、その心意気は買ってもよいであろう。

 ニュースで「原産協会提供の動画番組のご案内」とあった。柏崎関連のニュースもあり、http://www.jaif.or.jpを参照するらしい。機会があれば見てみたい。

 解説「原子力発電プラントにおける水化学の課題への取組」原子力機構・内田俊介氏他、とある。
 水化学は原子力学会の研究専門委員会で1982年から継続して活動していることを知った。水化学は原子炉水の中の鉄やコバルト等の不純物によって被ばくの基となる放射能が配管にくっつくので、配管や燃料等の構造材料の汚れ付着や腐食等について地道な研究が必要であることは知っているが、約30年の歴史ということで驚きである。

 ジャーナリストの視点「国民の目線で真摯に対話を」茨城新聞・山本和朗氏、とある。
 この中で目をひいたのは「原子力を取材した報道記者の多くは、事故を経験した原子力関係者に対し、埋めがたいギャップを感じる。立ち位置(潜在的なリスクの認識の違い等)、目線のズレ(事故での難解な業界用語等)と言えようか。」とあった。
 また、別の文章では「この発表文の起案者は報道を通して国民と対話する気持ちがあるのだろうか。」とあった。
 原子力関係者の一人として耳が痛い。
 もし、私が事故対応者として行動する場合を想像してみよう。その事故が専門でないなら(例えば電気出身の人が機械のことを説明しろ、と言われたような場合)、できるだけ無難な言葉で済ませたいと願う。
 この業界では幸いなことに(?)、難解でいて、その実起きた現象を厳密に表す用語が結構ある。マスコミや国民が初めて聞くような言葉は何ですか?と聞きにくい。
 臨界等はその最たるものであろう。臨界の意味が聞かれて即答できる人はこの業界でもあまりいない(と思っている)。ましてや国民にわかるように説明しろ、と言われたって無理であろう。ちなみに私であれば、マッチをする時に燃えるのと同じような状態、との比喩を使うかなあ。
 だから無難な業界用語ですませたいのが本音であろう。私は田舎での法事があった時はよく聞かれたことがある。「この間あった○○事故はどうなんだ。大丈夫なのか。」と。ざっくばらんに比喩で答えると結構納得されるのである。正確さを欠くのでいいのかなあと思ったが、意外に、この方が「理解」という点でははるかに優れてると思う今日この頃である。

 久しくこの学会誌の解説をサボっていたが、また少しずつ続けていきたいと思う。
 また、もし、興味があると思われる記事があって私が解説していない記事でも、コメント欄で要望していただければわかる範囲で解説したいと思う。


原子力学会誌<2008年8月号>目次
1.巻頭言「柏崎刈羽原子力発電所を見学して」京都大学総長・尾池和夫氏
2.時論「社会の木鐸になれは死語か」エネルギージャーナリスト・新井光雄氏
3.インタビュー「行動する学会をめざして」原子力学会 会長 岡芳明氏
4.解説「原子力への期待に応えるために温暖化ガス排出削減とエネルギー安定確保の道」原子力委員会 田中俊一氏
5.シリーズ解説「ITER時代を迎えた核融合研究開発(Ⅱ)」原子力機構二宮博正氏他
6.解説「原子力発電プラントにおける水化学の課題への取組」原子力機構 内田俊介氏他
7.連載講座 今、核融合の壁が熱い!「壁の表面で何が起きているか」徳島大学 大宅薫他
8.連載講座 軽水炉プラント「PWRの改良標準化②」エンジニアリング開発株式会社脇正鋭他
9.NEWS 
10.談話室 原子力50周年記念企画「戦時下における京都帝國大学 荒勝文策教授の原子力研究」京都大学原子炉実験所 代谷誠治氏
11.ジャーナリストの視点「国民の目線で真摯に対話を」茨城新聞報道部記者  山本和朗氏
その他

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ロングピッグ
2009年02月01日 04:50
イギリス/ロンドンに住んでいます。以前から原子力関連のブログを読ませていただいています。しばらくブロクがなかったので、もう書いてないのかなと思っていました。
またのブログを楽しみにしています。

この記事へのトラックバック