WORDのバージョンが違うと図面の文字が化ける?

昨日夜会社で残業をしていた時、思わず頭をかきむしるようなことがあった。

 別に大したことではない。早く仕事を終って帰りたい、仕事の内容も簡単だし、と思ったのだが、資料作成の最後の部分になって、思わずムキー、となった。
 某メーカーから送ってもらった資料を貼り付けるだけだったはずなのだ。WORDの挿入機能でファイルを貼り付けたのだが、送ってもらった図面と違って、図中の装置説明用語が隠れたり、フォントが違ったものが表示されている。何回繰り返しても同じ。
 同じく残業で残っていたパソコンに詳しい人に聞くと、同じ体験をしていて、それは貼り付けた後に図面のグループ化解除して装置説明用語を打ち直すしかない、とのこと。

  どうも原因はWORDのバージョンの違いらしい。私が会社で使っているWORD版はWORD2000であるが、メーカーが使っているのはWORD2003らしい。だからWORD2003で作成した資料をWORD2000作成の資料に貼り付けると、このフォントや段落が自動的に?狂うらしいのである。そのパソコンに詳しい人も以前同じ体験をしていろいろ試したらしいが、結局だめで打ち直ししたらしいのである。

 何で同じWORDのバージョンが違うだけでこんな不都合が起きるのか。マイクロソフトは欠陥とは言えないまでも不良品なのは確かである。

 以前もWORDで作成した図面をパワーポイント(PPT)に貼り付けた時に同様なことが起きた経験がある。やはり、フォントや段落や矢印の場所が狂うのである。学会発表はPPT発表が必須だから、PPTの図面を直したことがあるが、今回は同じWORDでもバージョンが違うと同じ現象が起きることが確認されたわけである。

  結局、簡単に終ると思っていた作業に1時間くらい余分にかかってしまった。うーん、腹立たしい。この思いをどこにぶつけようか。といってもこのブログにぶつけているか。今後もメーカーとのやり取りでこんな思いをするのかと思うと憂うつになる。作業終了後、その某メーカーに資料確認依頼した時に一部修正しきれていないようで、事情を話すと気の毒に思ってくれたのか、再度フォント統一した図面を送ってくれるということになった。

 来週に再度資料を修正だあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック