シスコ司令官の激情ースタートレックDS9

 「スタートレックDS9」を見た。3/13(月)のビデオを今日見た。

 シスコ司令官の激情に関する話であった。シスコ司令官はDS9の司令官だから、すこぶる冷静な性格であるというイメージがあるが、その司令官が思わず感情の激発を抑えきれないという話である。それは元部下であり、自分を裏切って反政府ゲリラ組織のマキという機関のために働くというエディングトンという人。戦闘宇宙船のデファイアントにウィルスプログラムを仕込まれ、半身不随状態。なおかつ、このエディングトン逮捕に向かう任務を別の人に奪われたので、司令官のプライドはズタズタ。それでも、この任務についた人がエディングトンに騙され、逆襲をくらって敗北した。半身不随のディファイアントを手動で動かし、エディングトン逮捕に向かう。しかし、元部下で1年半にわたる勤務からシスコ司令官の裏をかく術に長けたエディングトンに翻弄されるというもの。

 冷静な司令官が感情むき出しで行動するさまは見ていて奇異な感じがする。司令官は冷静な状態で的確な判断ができるのに、カッカした状態でそれが可能か?でも司令官も人間であるから、感情むき出しで悪いことはない。逆に人間らしいという点でDS9に働く人間の性格を的確に描き出す点で確かに従来のスタートレックとは一味違っている。スマートに冷静に、というスタートレックの伝統的な展開とは違った展開で慣れるのは難しいが、こうしたドラマ作りもある、という新しい視点を提供してくれる。

  このシリーズは登場人物の性格の描写という、従来のスタートレックの新しい冒険というより地味なものを地道に描きあげていくいう変わったストーリーになっている。まあ、いいか。アメリカ人のベースになる考え方がよくわかるし、日本人との比較という点では参考になる描き方をしていると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック