社会人のマナー集

 社会人としてのマナーを自分なりにまとめてみたい。

 ただし、あくまで私個人の経験によるものであるから一部おかしなところがあるかもしれませんが、そのあたりもしあればコメントを書き込んでくれれば修正します。
 
1.会社の出勤・退勤

 (1)出勤:遅刻しない。欠勤をしない。年休はしっかり消化する。(組合員としては常識、でも仕事が忙しい人は取りにくいようだ。)
 (2)退勤:カネと共に去りぬ、をやっていると評判がよろしくない。周囲を見渡してさっと帰る、このタイミングが日本人の周囲に対する配慮か。
 (3)残業:できるだけしないのが基本。するときは休憩をしっかり取る。夜間の食事も取っておく。
 (4)休日出勤:やらないこと。できるだけ回避する。冷暖房が効いてないときは防御服でいく。
最低月2日以上は休む。過労死した人は月100時間以上働いて、土日なしの人が多そう。
 (5)年休:しっかり取る。切捨てしない。翌年の繰越は最低限に。子どもが小さい時は子どもの学校の行事で無理やり休んだが最近は子どもが大きくなったので難しい。でも努力するぞ。
 (6)服装:男だから背広上下ににワイシャツ、ネクタイであるから楽でいい。クールビズは逆におしゃれに気を使うから大変かも。
 (7)出勤簿:しっかり管理する。今はタイムカードがないところも多い。でも年休とかは自分で管理しておかないとわからなくなる。


2.会議の心得
(1)資料:予め読んでおく。開催者に事前に要求する。自分が開催するときは事前に配布する。
(2)会議時間:2時間が限度。それ以上やっても意味がない。疲れるだけ。
(3)会議会場:定刻5分前には席についておくこと。外部の会議の時には10分前には目的地の会議場についておくようにする。
(4)人数:出席者が多いとき、出席確認表を作成して出席者各自に記載してもらう。会議終了までにkピーして出席者全員に渡すこと。
(5)議事録:議事録を残すこと。出席者に確認してもらうこと。それが難しいときは自分の覚えとして議事メモを残しておく。

3.電話の応対

(1)応対:会社名をはっきりいうこと。電話を取るときは会社の代表であるから、元気な声がよい。難しいけど。
(2)転送:人に転送するときはかけてきた相手の名前を言ってからにする。相手によっては不在にして欲しい場合もある。
(3)不在者への伝言:電話の相手の用事がある社内の人が不在の時は相手に告げる。伝言があるときはメモを残す。電話してきた人の所属、氏名、要件、日時(何月何日何時何分AM、PM)、受けた人の名前を残す。不在者の机の上が乱雑な時は、パソコン等わかりやすい場所にメモをテープ等で軽く貼る。
(4)緊急の場合:相手が急いでいる時は社内の人を探す。出張に出ている時は出張先に連絡して電話の相手に連絡してもらう、等を行う。

4.人間関係

(1)報告・連絡・相談:俗にいうホウ・レン・ソウ。これが基本。仕事の状況を上司等に報告する。会議等で聞いた情報を上司・同僚等に連絡する。、困った時には上司・同僚に相談する。
(2)飲み会:歓迎会、送別会、忘年会、新年会にはできるだけ出席する。酔っ払うと普段と違う人間性が見られる。飲む前にしっかり食べること。空腹や睡眠不足は悪酔いの元。酔い過ぎない。酒量の限度を知っておくこと。お金は余分に用意しておく。二次会を想定しないといけない。会のお金は前払いがよい。酔っ払うと金の計算を間違えやすい。幹事注意。
(3)職場での会話:人の悪口を言わない。言うぐらいなら黙っておく。世間話程度でよい。最近はセクハラ等注意事項が回ってくるから女性と話す時も下ネタは禁止。

5.資料作成
(1)パソコンでの資料作成:ワードやエクセルが便利。でも高度な技を使うと、別の人が修正しにくい。
(2)あいさつ文:メールを送付するときはあいさつ文を入れる。
(3)ファイルの管理:ファイルはファイル系統を作って管理する。バックアップを取っておく。また、すぐに見たい時のあるものはプリントアウトしておく。キングファイルに綴じる時は会社別または、種類別に綴じる。他の人が見てわかるように綴じる。でもこれは難しい。自分にできているか疑わしい。
(4)パソコンの管理:へんなソフトはダウンロードしない。公開でもMSとかの信頼性のあるところ以外はだめ。今回のウィニーソフトによる流出等の社外へのデータ流出の元となる。会社によっては変なHPへのアクセスを最初からブロックされて禁止、というのもある。

6.別の会社訪問

(1)訪問時刻:できるだけ昼間にする。相手の都合に合わせる。訪問時刻の5分前に会社に到着くらいがよい。遅れると失礼だが、時間前に行き過ぎると相手の受入準備ができていなくてかえって迷惑となることがある。そういう時は会社付近の喫茶店等で時間を調整する。
(2)出発時間:自分の会社を出るときは相手に会社に着く30分前くらいでよい。電車の事故等想定の範囲内とする。
(3)名刺の交換:名刺は必ず用意する。相手に渡す時は相手に読めるように自分とは逆向きに出す。会議の間はその名刺を着席順においておくとよい。
(4)お土産:初めて行く会社等でこちらが迷惑を承知でいく時などお土産を持っていく。高級なものは相手も恐縮するため、ほどほどのものを用意する。
(5)オーバーコート等:相手先訪問直前に脱いで手に持っていく。帰るときは会社を出てから着る。
(6)旅費の清算:相手の会社までの費用をしっかりメモを残しておくこと。旅費の清算には必ず必要となる。長期・長距離の出張は特にそうだ。

 他にもありそうだが、まずは思いつくものから記録しておく。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック