タイムスリップースタートレックDS9でのシスコ司令官の憂鬱(その3)について

11月21日(月)深夜のフジテレビのスタートレック・ディープスペース9(DS9)での話です。

 DS9の司令官であるシスコ司令官)のところに宇宙連邦から査問官らしい人がやってきた。シスコ司令官に事情聴取ということらしい。
 宇宙旅行から帰ってくる時にカーデシア人だったかクリンゴン人に捕虜になっていた人を乗せていた。途中に異常な事態が発生し、ずっと昔のスタートレック第一世代のカーク艦長のエンタープライズの近くにタイムスリップしたらしい。そこで、元捕虜は逃げ出し、カーク艦長を狙っている、という状況設定。
 そこで、この元捕虜の狙いを阻止するべく、初代エンタープライズへ潜入するDS9メンバーたち。でも200年前の時間であるため、そこでの人たちと余計な接触をしてはいけない規則があるしい。そこで変な接触をすると、歴史が変わるためらしい。
 まあ、タイムスリップという設定は昔からいろいろあるらしいが、今回の設定ではスタートレックの初代ということで懐かしいやら、安易な設定ということにがっかりするやら非常に感情の整理が難しいものであった。
 私自身はパラレルワールド派なので、たとえそこでの接触があっても、第二の平行宇宙の歴史が変わるだけで、本体の第一宇宙の歴史は変わらない。したがって歴史を変えることはない、という主張賛成派である。まあ、今回は参考程度で、少し練られていないという感想である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック