スタートレックでのキラ・ネリス少佐の憂鬱について

 今年の1月くらいのフジテレビ深夜のスタートレック・ディープスペース9(DS9)での話です。
 DS9の副司令官であるキラ・ネリス少佐(女性)は元ベイジョー・ゲリラで占領軍のカーデシア星人相手に戦っていた過去があります。その時、仲間がカーデシア人に多く殺され、カーデシア人にいいイメージを持っていない人です。でも今はカーデシア星人は惑星連邦と強調してドミニオンやクリンゴン帝国と戦っている状況です。
 その時の話では、カーデシア人であるガルデュカットという人と協力して捕虜の救出にあたった物語でした。ガルデュカットはカーデシアの司令部にいた人で今は左遷状態にあり、司令部時代にはベイジョー人が相当殺された時の責任者でした。そういう人と一緒に仕事をするつらさ。しかもその救出した捕虜の中にガルデュカットとベイジョー人との間にできた女の子がいたから、話がややこしくなった。ガルデュカットはそんな子(どうも不倫の子? ジアルという) が出てきたら、カーデシアにいる家族はムチャクチャになると考え、その子を殺そうとする。しかし、ネリス少佐はこれを止めて一緒に暮らすように提案する。ネリス少佐に説得されてカーデシアに戻ったガルデュカットは予想通り家族の猛反発を受け、その娘と2人で暮らすことになる。しかし、クリンゴン帝国の戦略監視に再度ガルデュカットとネリス少佐が組んで、その娘も同行してクリンゴン帝国の戦艦をのっとり、ガルデュカットがクリンゴン帝国に攻撃しようとして、ネリス少佐に一緒に行動を依頼したが断られた。昨日の敵と思ってきた人と一緒に戦場に赴くことは流石に感情的な抵抗が大きかったようだ。ガルデュカットは娘を一緒に連れて行こうとしたが、ネリス少佐がDS9で娘を預かると言って、引き離した。
 ネリス少佐の心の揺れが中々微妙で憎い相手であるはずの娘を助けようとする心。素直な娘ジアルが自分と同じように戦闘訓練をして欲しいと頼むが、断り、自分のところで暮らすように言う。自分と同じ道をジアルが歩もうとしていることに感情が動き、不毛の人生を歩もうとしている娘を止めた。でもそのことにより、自分が憎んでいるガルデュカットとの間に複雑な人間模様ができてしまったようだ。これからの展開が、と思ったら3日前のビデオ時にジアルはもういなかった。2月に見損なったからどこかに行ってしまったのかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

けいつ~
2005年02月25日 17:48
DS9面白いですよね。私はスタートレック・ボイジャーからハマって、DS9も見ました。複数のストーリーが同時に進行して、シリーズのなかでは一番面白いと思います。もちろん、キャラの関係が複雑で、最初から通して見ていないとわからない部分もありますが、そういう部分があるからこそ、深いと思います。

カーデシア人。私大好きです。ガル・デュカットにガラック。どっちかというとデュカットの方が好きだなぁ。まぁこの二人の関係もいろいろ変わりますし、ジアルも・・・・詳細は見てのお楽しみってことで、DVDかスカパーで確認してください。

私も途中から見たボイジャーが気になって、スカパーに加入してしまいましたから・・・。スカパーのスーパーチャンネルでは、スタートレックシリーズを何かしらやっていますので、飽きませんよ。DS9はもうすぐ終わりますが、また始まると思います。

この記事へのトラックバック