一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ

アクセスカウンタ

zoom RSS マンション総会に出席

<<   作成日時 : 2017/06/11 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、マンションの総会に出席した。

 今年の5月13日(土)に総会の案内が配布された。

 そういえば去年の今頃も総会のことを書いた。
  http://hitotsunoishi.at.webry.info/201605/article_2.html

 今年は5月28日(日)に総会が開催されるので、その出欠と委任状、また付録として、管理会社のJSからの資料が添付されていた。
 JSの管理状況が変わる時に添付されるのでちょっと疑問だったが、まあ大したことはないだろうとあまり熱心にも読まなかった。

 5月20日(土)に出席票を出した。
 同時に住民簿も提出した。
 防災の観点からマンションの人数や一人暮らしのお年寄りがどれくらいいるか、という情報が必要である。
 また、非常時の連絡先も必要であるので、岡山の兄、千葉にいる息子の電話番号を書いた。

 5月28日(日)の9時45分くらいに集会所に行くと、理事会役員以外誰も来てなかった。
 10時近くになると三々五々住民が集まってきた。住民の出席者は20名くらいである。

 議事次第というほどのものではないが、一応末尾に添付しておく。
 
 また総会の内容としては、結果を簡単に説明しておくと、JSによる管理人の変更説明と玄関ドアの改修の報告、地震保険の継続確認が主なものである。

 10時にJSの担当者が配布済の資料について説明した。
 マンションの管理状況を説明したのであるが、今回は管理人がJS以外の派遣会社の人になる、ということであった。
 前の管理人が辞めてなかなか後任が決まらない、と思っていたら、派遣会社の利用ということになったらしい。 
 私は質問で住民簿等の個人情報もあるので、管理をしっかりして欲しい旨要望した。JSの担当者が大丈夫と回答した。

 続いて、総会が始まった。
 議長は理事長が努め、書記は理事会書記が選任された。
 定足数は委任状も含めて過半数を超えていることを確認して、総会成立宣言が行われた。

 活動報告については玄関ドア改修が報告された。
 玄関ドアもすでに30年経ってかなり劣化しており、ゴムの劣化による固着でドアが開けにくいような状況になっていた。
 それを改修するのに、どこか1件の玄関のサイズを測らせて欲しい、ということで、昨年の11月くらいに我が家のドアのサイズを測ってもらった。
 今年の1月くらいに、新しいタイプのドア5種類くらいから、住民のアンケートを取って決定し、今年の2月くらいに3月に玄関ドア改修を予定している、とのことであった。
 我が家もその範囲で無事に改修が終了した。
 今までのドアのカギは1つであったが、新しいドアのカギは上下2つの鍵穴があり、カギは一つというタイプになった。
 カギ自体も今までの横穴式から、ピッキング(泥棒等が針金等を使ってカギを開ける)防止になっている縦穴式のものに変わった。息子と娘にも新しいカギを渡した。
 でも議長の報告によれば、工事会社が寸法を間違えていたらしく、工事が1か月近く遅れたらしい。
 私も長くかかっているなあという印象しかなかったが、管理組合としてはドタバタしていたようであった。

 第1号議案の決算報告では、住宅金融支援機構のすまいる債というものを利用して、定期預金の一部を預け替えしたことが報告された。
 これは抽選によるもので、申し込みしたら当選した、とのことで、銀行の定期預金より少し利率もよく、また長期修繕等の大型工事等の融資でもメリットがあるらしかった。
 この玄関ドア改修もすまいる債も前回の管理組合、すなわち我々の理事会の引継事項であった。
 この1号議案での駐輪場料金やオートバイ料金等は安すぎる、との意見があり、次期役員で検討することとなった。
 これも我々の理事会で料金の変更を決定して前回の総会に諮った事項である。

 2号議案の来年度予算案は3号議案と4号議案の説明をして承認されてから、となった。
 3号議案は私が6年前の理事長をやっていた時の案件で、地震保険(形式的な名称は新マンション総合保険)の更新である。
 5年間の契約が切れて、新たな5年間の契約を結ぶことになるが、その契約内容の審議である。
 これも事前にアンケートが配られ、3案の提案(保証金額の減額や小事故の際の最低保証金額等の変更)が集計されて、過半数を取った契約内容として提案されており、異議はなかった。
 4号議案の給水ポンプの交換についても、前回設置から11年経ったもので、オーバーホールが必要とのJSの指摘があったものらしい。
 マンションの給水ポンプは1階に設置されており、屋上の高架水槽(タンク)に水を送るもので、地震等があってもし停電すれば、マンションはすぐに断水してしまう。
 一時は高架水槽方式でなく、直接圧力方式に変えてはどうか、という議論もあったらしいが、多分配管自体が老朽化しているために、あまりメリットがないということでやめたと記憶している。
 これに関してもあまり異論はなく、承認された。

 続いて第2号議案について説明が行われた。
 第3号議案、第4号議案が承認されていたので、第2号議案も簡単に承認された。
 この後、新役員が議長から提案され、これも承認された。
 予め理事会が候補を挙げてお願いに回るという例年通りの決着となった。

 この後、新役員の一人があいさつして、その後は自由討論となった。

 毎回の理事選任は大変なので、輪番制にしては、という意見もあった。
 ただ、個人の事情も多岐にわたるので、それを考慮して決めている、とのことだった。
 以前は1回役員になって次の役員になるまで長い期間があったが、最近は賃貸で貸して外部でオーナーとなるタイプの人も増えて、また、一人所帯や健康不安の人も増えて、前に役員をやってから次の役員になるまでの期間がどんどん短くなっている。
 賃貸の人も理事にしてはどうか、との意見もあったが、そのためには管理規約の改正(今は所有者(内部か、または外部のオーナー)のみが理事になれるという規則)が必要になる。
 また、駐輪場の料金等は近辺の事情を考慮すると安すぎるようで、次回理事の宿題となった。
 また、部屋の所有面積による管理費徴収ということも議論になった。
 私の住んでいるマンションは所有面積が大中少の3タイプあって、それぞれ2割ずつくらい違う。しかし、管理費は同額徴収で、これは最初から決まっていた。
 今は所有面積による比例徴収が主流で、新しいマンション等はこの方式だという。
 しかし、このことも管理規約改正が必要であり、なかなか議論が進まなかった。

 今回もあまりもめることもなく、比較的スムーズに進行したと思う。
 来年以降もまた、マンションの現状を知る上で、できる限り出席したいと思う。

<マンション総会議事次第>
1.日時:2017年(平成29年)5月28日(日)10:00−12:00
2.場所:マンション集会所
3.出席者:約20名(理事は除く)
4.議事次第
 4.0 JSによる資料説明
 4.1 議長・書記の選任
 4.2 総会成立宣言
 4.3 議長あいさつ
 4.4 平成28年度業務活動報告
 4.5 議案審議
  (1)1号議案 平成28年度収支決算報告並びに監査報告
  (2)2号議案 平成29年度収支予算案
  (3)3号議案 新マンション総合保険の継続についての実施承認
  (4)4号議案 給水ポンプ交換(オーバーホール)の実施承認
  (5)5号議案 平成29年度役員選出
 4.6 新役員あいさつ
 4.7 閉会
      −以上−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンション総会に出席 一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる