一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 目に異常の兆候

<<   作成日時 : 2017/02/26 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 目に異常な兆候が出た。

 始まりは2月13日の月曜日。
 夕方にパソコン画面を見ていた時に、急に目の前に、雲のような模様が見えだした。例えて言えば、墨汁の墨を水面に流した時の模様のようなものと言えばわかるだろうか。

 しばらく目の周りをこすったり、目を閉じてまた開けてみたりしたが、変化はなく、雲が飛んでいた。

 これはいけないと思い、すぐにバスに乗って、錦糸町の墨東病院の緊急外来に行った。
 守衛さんに呼び止められてどういう症状ですかと聞かれたので、目がおかしいので来た旨を告げた。 
 すると、眼科のお医者はいない、とのことで、東京都の夜間・休日の緊急医療サービス「ひまわり」の電話番号を教えてくれた。
 そこにすぐ電話してみて、私の住んでいる近くの眼科の夜間でもやっているところを教えてもらい、そこに電話したら、もう夜間での受付時間は終わった、と断られた。

 その日はあきらめて、翌日の朝起きてみてやはり同じ状況であったが、用事があったので、その日は一日中、目の中に雲を見ていた。
 ただ、妄想は広がり、もしこれが元で失明等になったら大変だ、という気がした。
 ふと、この日に片目をつぶってみたら、この雲が見えなかった。
 つまり右目は大丈夫で、左目だけが雲が見える、とわかった。左目を失明しても右目が残るかも、などと考えた。

 2月15日にずっと昔にメガネの購入前に必要な視力検査のために1回行ったことがある近くの眼科に行った。この前断られた眼科にはいかないと決めていた。
 受付でどういう症状かと聞かれたので、目の中に雲が見える、と答えた。
 しばらく待って呼ばれると、目の検査を行った。視力が悪いわけではないといったが、最初にいつもやるので、と言われた。両目とも裸眼で0.1以下、メガネ付きで1.0前後であった。

 その後、先生の問診となった時にいきなり紙を渡された。「飛蚊症ですね。」と言われた。「ひぶんしょう?」と聞き返した。
 紙には「飛蚊症(ひぶんしょう)」と手書きで書かれ、稀に病気(網膜裂孔等)のことがあるので、散瞳検査を行いますと書いてあった。
 その後に目の検査ということで眼底カメラのようなもので目の奥を撮られた。また、目薬をさされた。
 薬の効き目は30分くらいかかると言われ、また待たされた。
 30分後に先生に呼ばれていくと、目の奥の写真を見せられ、網膜が内出血していると説明された。今取り得る方法は3つあるので、そこから選んでくださいと、また紙を渡された。
 (1)この眼科でレーザー(無料)で出血を取り除いて様子をみる
 (2)何もしないで様子をみる
 (3)大きな病院を紹介するから、セカンドオピニオンとして、そこでレーザー治療(費用3−4万円)をする
ということである。
 さすがにレーザー治療というのは抵抗があったので、(2)何もしないで様子をみる、を選んだ。
 するとお医者さんは様子見に際して薬を出すので、それを飲んで、また1か月後くらいに来てください、とのことだった。
 帰りに看護師さんに薬を渡され、朝夕の食事後に飲んでください、と言われた。

 家に帰って、早速飛蚊症をネットで調べてみた。
 すると目の中にあるガラス体(眼球全体のほとんどの部分)にストレスや老化によりゴミみたいなものが発生して、これを捉えてゴミみたいなものを映す現象らしい。
 このゴミみたいなものは活性酸素のせいで起こるらしく、通常はこの活性酸素を除去する酵素が分泌されてガラス体の組織は大丈夫だが、この酵素の分泌が少なくなると起こる、とあった。
 この現象は加齢やストレスによるものが主であるが、テレビやパソコン、紫外線等の直接的なものでも起こり、若い人でも発症するらしい。

 ただ、今回の私の場合は網膜の部分の内出血のようなので、これに直接該当するわけではないが、兆候として、雲みたいなものが見えるのは一緒である。

 もらった薬の詳細説明の紙にアドナとあった。これを30日分くれた。
 これもネットで調べてみると、目の治療一般に使われる薬らしい。止血に使われたり、眼底出血などの治療にも使われているらしい。もらった紙にも血管強化薬と書いてあった。
 まあ、目のビタミン剤のようなものと考えればよいのかもしれない。

 その後、現在に至るまで、目の中の雲は悪化しているような兆候はなく、多少雲の大きさは小さくなってきたような気はする。

 このまま無事に治ってくれれば、と思う。
 ただ、老化による体の異常は、今後あちこちで起こる気がして、多少気分が暗くなってしまう。

 老化予防のために、果物を多く摂取して活性酸素の生成を抑えるフルーツ革命を実践して、老化による病気をできるだけ抑えていきたいと思う。
     −以上−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
目に異常の兆候 一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる