一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 運転免許の更新

<<   作成日時 : 2016/11/13 07:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 運転免許更新のお知らせのハガキが10月10日前後に来ていた。

 私は11月生まれだから、その1か月前くらいから更新可能なようである。

 実は今回の更新をやめようかとも思った。
 マイナンバーカードを作ったので、ペーパードライバーだし、今まで身分証明書代わりにしていた運転免許の必要性がないのではないかと思ったことが一つである。
 もう一つの理由はメガネである。
 実は今のメガネは10年以上前にかけていたメガネである。2,3年前だったか、それまでかけていたメガネが何かの衝撃があったか、うたた寝していた時に力がかかったかで、フレームからレンズが外れてしまったのである。
 入れようとしても入らなかった。メガネ屋さんに行くのも面倒なので、プラスチック製だと思うものから10年前くらいに使っていたガラス製のメガネに変えた。
 そのため、少し焦点がずれるようで、視力は今年の人間ドックでの視力検査でメガネをかけて左右0.5、0.6であった。昨年は1.0と1.2だから、去年から今年の間に変えたのかもしれない。
 ただ、まだマイナンバーカードに対する世間の認知度は高くないし、運転免許証は一般的に認知度が高いから今回は更新しておこうと思った。

 あるウィークデーの朝に近くの運転免許試験場に行った。8時半から4時まで受付、と更新連絡のハガキに書いてあった。
 同ハガキに持参するものは、そのハガキと運転免許証と更新料3,000円、とあった。

 5年ぶりに行くので、途中ちょっと道に迷ったが、何とか9時半に着いた。

 入口のドアを通ると、案内の声がした。更新の人はこちらで申請書を書いてください、とのことだった。
 申請書は住所、名前、電話番号、今日の日付と裏にアンケートがあって、最近病気をしていたか、医者にかかっているか、等の問いがあった。
 いずれもないので、なしと答え、連絡ハガキ、申請書と今までの免許証を出した。
 その時に暗証番号2個を入力してきてくださいと言われ、すぐ横にある登録機で操作して、出力した紙を持って行った。
 今までの免許証は中央にパンチ穴を一つ開けられた。今後使えなくするための措置である。

 それで受付終了で、1番窓口で更新料を支払うように指示があった。
 1番窓口で支払いをすると、申請書に支払い済みのスタンプを押してくれた。

 その後に、目の検査のところに行った。ここで不合格になると、メガネを買って再度チャレンジしないといけない。 万が一不合格の場合は1日2回のチャンスがあるらしかった。
 目の検査で、一番上のものがよく見えず、3回目にやっと正解がかろうじて見えて合格となったが、内心は冷や冷やしていた。
 そこを通過すると、写真撮影であった。ジャンバーによれよれのTシャツというあまりいい姿ではない写真となった。

 それが終わると、2階の受付に行った。
 そこでは優良運転者ということで、2階の会議室で10時から30分の講習でOK、とのことで、会議室を指定され、資料の入った封筒を渡された。
 会議室に入り、その資料を見ながらそのまましばらく待った。
 10時に講師が来て、講習は30分で終わり、10時半には優良運転者は最優先で新しい運転免許証を交付できるようにしている、と説明された。
 初心者や普通運転者(若干の運転違反者)は1時間の講習らしかった。
 申請書の下部に照会番号が5ケタで印字されていた。最初の1桁目は運転免許試験場の番号で後の4桁が受付番号、とのことで、この5ケタが新しい運転免許証の欄に記載される、とのことだった。
 交付は4階であるが、その前にこの講習を受けて、講習済のスタンプをもらわないと交付されない。
 以前に講習終了後に脱兎のごとく駆け出してスタンプをもらわないで行った人が交付されず、戻ってきた時に講師もいないことから、再度講習を受けた人もいたらしい。

 資料として「安全運転のしおり」と「わかる 身につく交通教本」の2冊で、主に後者の教本で説明を受けた。
 従来の高齢者マークが落ち葉みたいでいやだ、とのクレームを受けて、今は4ツ葉のクローバーで各葉の色が緑、黄緑、黄色、赤の4色のマークに変わっているらしい。
 落ち葉模様も当分は使える、とのことだった。
 教本では右矢印の信号は右折だけでなくUターンもできるようになったらしい。ただし、道路標識でUターン禁止、または道路に同様のマークが書いてある時はだめらしい。
 自転車に対しても罰則が厳しくなり、2回違反すると3時間の講習会を受講させられるらしい。
 後は運転のビデオを見せられた。後部のシートベルトをしていないと、もし50q/時の速度で衝突した場合は後部座席から前方に投げ出され、悪い時はフロントガラスを破るような事故もあるらしい。
 また、一時停止の道路標識を見落とすと事故に遭いやすい等が説明された。

 これらのことをほぼ30分説明されて、講習は終了した。

 終了後に出口で講習会修了のスタンプをもらって4階に行った。
 すると私の照会番号が既に表示されていて、すぐに新しい運転免許証を受け取れた。
 すぐ横にある登録機で、新しい免許証を指定された場所に置いて、最初に登録した暗証番号を使って新しい運転免許証の登録をその場で行い、それが終わって、免許証の更新は終了した。

 これで今後5年間の身分証明が保証されたことになったわけである。
 でももし、マイナンバーカードの認知度が上がるようであれば、5年後は多分更新しないと思うが、現状ではなかなか難しいかもしれない。
 様子をみていきたいと思う。
                                                 −以上−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運転免許の更新 一つの石のブログ−科学と将棋と教育を好む人へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる